5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死んだらどうなるの?

1 : 株価【50】 :2006/12/22(金) 14:38:53.53 ID:XwUuu8ih 株主優待
気を失ったときや、熟睡している時みたいに意識が飛ぶの?
それはいつまで続くのか。いや、その状態が永遠に続くのか?
永遠に続いたとしても意識がないんだから終わらない・・・
終わらないのは怖くないか・・・?

それとも転生したとしてどこかで全て記憶がクリアされて
生まれてくるの?
だとしたら心霊現象やデジャヴ(以前このシーン経験したことがある)って言うのが、
転生の時の不具合みたいなので説明できるよね。

詳しい人教えて! たまにはこういうスレもいいでしょ?


2 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:39:52.98 ID:XuEyo88W
                  蹴鯖のちるまんが2ゲット!
            , ‐ 、 - ― 、_ .-―、.、     
            /: /: : :/ /: : :\::::::ヽヽ   >>1勃起したら堅くなってくれるよね?
          / : /:_:_:ィ :.|/: :i : : : ヽ::::/: :i   >>3うそだといってよ!ってかんじでした。
        /: : /:/__`i :/|: : i!: :.i : : V: : :.|  >>4連続ぶっかけとかも超えたことなさそう
         : :|/fイi.}:/ .!: /iヽ |: : /: : :./   >>5短くて子宮に届かない場合がたたありましたっと。
         i  / ゞ-'   fイハ/i :/: : :./    >>6もう短いのだから勃起くらいちゃんとしてくれ!   
         |::∧   ,、_ ヾニ ' .i/: : /    >>7あとローターは やっぱり乱交じゃいらない子ですなあ。   
         !/ /ヽ_ !   ノ   /: / /    >>8ないのでしたらアメリカちんこがいいとおもうけどなあ。
     , - r ,イ '  ー ― /: /::://     >>9やるとしたら 自分リーダーで乱交PT組む!
    /∠ i/  `ー/ /: /ヽ:://      >>10っていうか 弱いドリチンほど前戯しませんよねえ・・。
  /!/  冫    / /_ イ    |/        
                        >>1000貢献度No1はあたしだし。

3 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:40:07.48 ID:vbD0WIYD
土になるんだよ

4 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:40:37.99 ID:IUlgRhM+
マジレスすると射精しまくり

5 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:41:32.76 ID:X/zewp3w
デスノートを使った人間が天国や地獄へ行けると思うな

6 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:41:44.08 ID:FEZAbOjs
寝ている状態がもっとも近いだろうな。


7 :ロリコンファンタG ◆LolicgPqU2 :2006/12/22(金) 14:42:05.53 ID:amlRkpk9
たまにこれ考えてものすごく怖くなるんだよな。
すぐやめて何もなかったことにしてのほほんとした生活に戻るけど。

8 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:42:12.95 ID:5JlCdF1p
>>1
人間記憶が全てだと思ってる。
記憶喪失ですら本人にとっては死と同じである

転生なんていうけど意識が無いなら他人じゃん
全て記憶がクリアされてって死んだら既にクリアじゃない

9 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:42:31.30 ID:zrLbaX0c
ギャハハ!

10 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:42:40.98 ID:H9tkOlQm
ホームポイントに戻りますか?

ニア はい
いいえ

11 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:43:16.29 ID:XuEyo88W
死んだらFF11の中で一生生きてけると思うんだ。

12 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:43:24.25 ID:BBnZNKk1
死後の世界があったら地球に人類誕生した日から死んだ人達全員でぎゅうぎゅう詰めになってて圧縮されて潰れてまたすぐ死ぬ

13 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:43:50.45 ID:slYLcTWf
何もかも終わる。

14 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:44:38.63 ID:VQncnt6G
ポップのお母さんの言葉でFA

15 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:46:12.96 ID:BkMVPbqR
>>14kwsk

16 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:46:44.54 ID:5JlCdF1p
愛とは愛されたいと願うこと に並ぶ死についての一言欲しい

17 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:47:45.79 ID:zrJfpEAO
死後が怖くない人間なんてそうそういないともう。
逆に死ぬことのない人生が怖くないっていうとそれも嘘になる。
自分一人だけが一生のうのうと生きていて何をするの?
資金があれば永遠にFFとか考えもいいけど、ニートとかは死ぬことのない空腹
いわゆる地獄じゃない、それにFFだってほかの人は死ぬんだしサービス終了も来る。
全人類が死んで一人で新世界を創造するのかい?w

18 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:48:29.01 ID:UUNQbK/y
>>1
記憶持ったまま向こうへ。
前に持ってた分の封印も解けて、記憶復活。
向こうがリアルでこっちがヴァナみたいなもん。

しばらくたつとまた来たくなって、記憶封印して生まれる。
以下エンドレス。

で、たまに封印しそこねが出る。

19 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:51:06.67 ID:/fdeNwmh
試せば分かるよ

20 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:51:55.91 ID:zrLbaX0c
ギャヒー!

21 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:52:00.89 ID:IOUFajTI
なに、この中学生あたりが考えそうなスレは。

22 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:53:03.97 ID:FEZAbOjs
人間だってCPUとさして変わらん。
人間にとっての睡眠と死は
電源を落とすか、バラバラに解体されるかの違いでしかない。

23 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:54:07.58 ID:dGytX0IR
>>19
あれ…、お前昨日試したはずなのになんで…

24 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:55:12.14 ID:R0asdlm0
>>21
高二病乙

25 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:56:12.70 ID:6tRi2H7x
何言ってんのお前ら死んだらホームポイントに戻るだろ。

26 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:56:55.51 ID:R7DWVPmI
死んだら全身の筋肉が弛み
肛門等から糞尿が漏れ出る
次に筋肉が硬直して身体が動く

棺桶を中から叩くことも

髪の毛は死後も伸びる

乾燥した気候ならミイラになる可能性もある
脂肪部分は石鹸へ

湿った気候なら次第に腐り
異臭を放つ

27 :ぷっすん ◆PSSN//VJmc :2006/12/22(金) 14:57:34.92 ID:vv9HWP5n
デジャヴは解明されてるだろっ
目で見てるものを脳に伝えるという作業をする時の時間のズレで
前に見たことがある景色だと勘違いするとかなんとか
適当かもしれないW

28 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 14:57:41.05 ID:YN81Ct/P
>>1
千の風



29 :タル暗さんドミニオンズ ◆iDolQnZwMQ :2006/12/22(金) 14:58:42.62 ID:ed2wnvIT
>>1
なら死ねよ

30 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:01:21.72 ID:T05+cfZb
>>29
死ぬならお前のような生きてる価値もないクズが死ぬべき

31 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:01:55.41 ID:FEZAbOjs
人間の記憶が電子情報化されて保存できるようになれば、
人間にとっての死はもはや儀式でしかなくなる。

32 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:02:29.11 ID:eKPW+y78
モグハから出る時はリレイズしておけって、お母さんに言われただろ
ちゃんと守れよ

33 :血液型:プルトニウム:2006/12/22(金) 15:02:36.33 ID:ODtCAsKm
でっていうwwwwwwwww

34 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:02:51.35 ID:m+1SQq4p
いつまでも部屋で引きこもってたらこうなるかもしれん。
ttp://blog.goo.ne.jp/clean110/

家族、友達、恋人大事に。

35 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:02:53.03 ID:gGkwip0D
デジァブではなく、
実際に過去の記憶を持ったまま、この世に生を受けた人はいる。



36 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:03:02.42 ID:9AdoOpO0
天国や地獄に行くに決まってんじゃねーか、バカじゃねーの

37 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:03:37.57 ID:EyV40s4V
驚いた

38 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:04:25.15 ID:2Zs/+ex+
脳のファイルを保存できたらすごいな。
ブルーレイ何枚分バッカップしといて、
次産まれた赤ん坊にインスコ。

そのディスク紛失させたやつ殺人ねw

39 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:05:10.14 ID:3uA0mFEm
>>31
電人ハルのことかーーーーー!!!

40 :ロリコンファンタG ◆LolicgPqU2 :2006/12/22(金) 15:05:30.60 ID:amlRkpk9
>>38
そういうことできるようになっても
元の記憶の持ち主は死ぬことに何の変わりもないんじゃない?

41 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:05:50.45 ID:zrLbaX0c
コーディネイター

42 :ぷっすん ◆PSSN//VJmc :2006/12/22(金) 15:05:54.74 ID:vv9HWP5n
今死んだとして200年後には自分が200年前に生きていたという事は全く意味が分からない

43 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:06:40.13 ID:QaRAervu
俺、天国なんだけど、なんか質問ある?

44 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:09:23.22 ID:FEZAbOjs
>>40
パソコンのバックアップと同じ。
肉体というハードは変わっても精神というソフトは引き継がれる。

しかし、死の概念そのものは無くならないだろう。
科学が進歩して神の存在に矛盾を感じつつも
人が神を信じる行為と同じだからだ。

45 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:09:33.55 ID:6tRi2H7x
お前らこまめにセーブしとけよ。

46 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:12:48.56 ID:BkMVPbqR
墜ちるは奈落の底

47 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:13:28.72 ID:TLK6HFgI
>>1
死んだら腐るよ

48 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:13:46.76 ID:wpUSMvyt
リセットボタン押しながら電源切るの忘れてデータ飛んじゃった><

49 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:13:52.00 ID:gGkwip0D
産まれた赤ん坊にインスコ出来るようになったとしても

天才にはなれない。
人間の記憶というものは、海馬のシナプス形成によって思い出したりする。
過去の出来事や一度読んだ本、今まで喋った内容など全て海馬に蓄積されている。

しかしながら人間には忘れるという能力があるので、
どんなにインスコしても天才になれないし、過去の記憶を思い出すことは出来ない。

常時、脳に機械を装着しておけば可能かもしれないが。それは人間ではない

50 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:14:14.10 ID:KpUorXGL
幕開きし暗黒

51 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:14:48.31 ID:2Zs/+ex+

「テレビをつけたい」って思うだけで、スイッチを入れてくれるロボットがあるらしい。

これがヒントになるといいが。

52 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:15:14.11 ID:9Qx7xNQg
NHKだったか
脳の記憶を保存する技術をなんちゃらかんちゃらあはんうふんって感じで放送してたの見たことあるな

53 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:15:16.81 ID:u18nmX4v
みんな結構死後とか信じてんだな
俺は死は虚無でしかないと思ってる

だってお前らもし野菜が「俺死んだらどうなるんだろう」って
聞いてきたら「は?誰かの肥やしか誰かの栄養になるんじゃねーの?」ってなるだろ?

人間には死後があるって考えは、
ミジンコにもダイコンにもウンコの中の微生物にも死後があるって
本気で信じた人の考えだよ

人間に「だけ」は死後があるって考えは、
アムロ<エゴだよそれは!

54 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:15:57.76 ID:BkMVPbqR
つまらん!お前の話しはつまらん!!

55 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:15:58.33 ID:FEZAbOjs
>>49
そのシナプスの構造すらコントロールできる時代が
来ないとは限らない。



56 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:16:02.96 ID:2Zs/+ex+
頭に装着して脳波とかを調べるやつだっけな。
曖昧ですまんけど。

57 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:16:22.56 ID:3ZVLHghJ
俺の知り合いにしんだけど生き返って探偵やってるやつならいる。
最近は人身売買オークション絡みの依頼を終えたとか言ってたな

58 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:16:33.57 ID:TLK6HFgI
だから死んだら腐るだけだっつの!
ナメンナ!

59 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:17:24.26 ID:0iUM2ajm
睡眠中の状態から夢をみず体が休まる感じを取り除いた感じになるのかな

60 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:17:55.72 ID:2Zs/+ex+
>>59
それが永遠に続くから怖くないか?ってことでスレ依頼してみた。

61 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:18:53.15 ID:P2FGBrKD
美少女として生まれ変わるよ
今美少女とか言われてちやほやされてる奴は全員童貞ちんぽこ男共の生まれ変わり

62 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:20:13.82 ID:TLK6HFgI
>>60
脳が停止してるから何も怖くねっつの!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

63 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:21:20.37 ID:BkMVPbqR
>>61
憧れの可愛いあの子の前世は…。

64 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:23:20.92 ID:UUNQbK/y
>>60
続かないから心配ない。

つか、霊安室からついてくるのヤメテほしい。
「あのー、私どうなったんですか?」って、お前しんだんだっての!w
そのくらい分かれよ。
「妻と子供が心配で・・・でもみんな俺に気づかない」って、だから俺が話し相手かよ。
おれはお前のカミさんの代わりじゃねー。

65 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:24:08.98 ID:LvNecpco
>>53
輪廻うたってるとこは大根にも虫にも死後はあったはずだが

66 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:24:25.77 ID:TLK6HFgI
>>64
ちょっと君病院いった方がいいんじゃない?

67 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:26:03.13 ID:BkMVPbqR
>>64は中学2年生

68 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:26:37.82 ID:u18nmX4v
>>65
それは知ってるし、そう言ってるよ俺も

69 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:28:37.74 ID:LTo+5kMI
真面目に考えたら超こわくなってきた
死んだら次どこにいくとかはないんだもんな、
約100年くらいの人生一回がおれらのすべてだもんな、こわいよー

70 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:28:50.92 ID:FEZAbOjs
>>65
輪廻の法則はある意味正しい。
人は死んだら灰になるか土に埋められて養分になるから
自然と別の物質に生まれ変わっているといえる。

しかし、人間の意識そのものが生まれ変わることは無い。
意識というのは所詮、人という肉体が生み出した副産物に過ぎないからだ。

副産物が主導権を握って勘違いを起こしてる。それが人間の
考える死や生まれ変わりの思想だろう。

71 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:29:53.02 ID:l7i5HSkx
霊が見えるとかいうやつ クラスに一人いるよなwwwww
『ぁぁあああそこから私をじっと見てるぅぅうっうっっうぅあひぃぃいぃぃい』
とかいってぶっ倒れてんのwwww


72 :(⊃ω`)⊃===〇)ε^*)ノ:2006/12/22(金) 15:30:24.50 ID:6Ocv7lY+
死んだらエロゲーの主人公みたいな人間に生まれ変わって美少女たちと
毎日えっちで温かでマイホーム的な人生を静かに送りたいんだ…

学生時代は美少女巨乳女子高生が大家さんのアパートに住んでラブコメ。
社会人になると、今度はエロゲーみたいなラブラブえっち生活を送るんだ…

73 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:31:03.62 ID:o1YjCu5W
いねーよw

74 :64:2006/12/22(金) 15:31:53.18 ID:UUNQbK/y
病院行ったら、「ここは正常な人がくるとこじゃないです」って怒られた orz

75 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:32:49.37 ID:BkMVPbqR
>>71ねーよwwwww

76 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:32:54.89 ID:gGkwip0D
クラスというか学校に一人いるよな。
幽霊見える奴

77 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:33:16.72 ID:u18nmX4v
>>72 むしろお前はエロゲの主人公そのものに生まれ変われw
セクースでイく寸前でやたら時間が止まったり戻ったり
毎日毎日セクースだけの人生になるけどw日常生活無しでw

78 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:35:12.70 ID:TLK6HFgI
>>74
すみません!
お客様の中で精神科医の方はオラレマセンカ?!

79 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:39:26.77 ID:l7i5HSkx
ごめん脚色しすぎたwwwww

80 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:42:50.88 ID:5JlCdF1p
>>71
邪気眼を開眼させた者だな

81 :(⊃ω`)⊃===〇)ε^*)ノ:2006/12/22(金) 15:43:25.59 ID:6Ocv7lY+
>>77
ラノベ作家なんで頭の中ではいつもそうなんですぅ><

82 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:45:13.38 ID:dEaRCB7P
人はいつ死ぬと思う...?  

心臓をピストルで打ち抜かれた時…違う…
不治のやまいに犯された時…違う…
猛毒のキノコのスープを飲んだ時…違う!!!

人に忘れさられた時さ…!!!

83 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:46:46.99 ID:TLK6HFgI
>>82
うん?

84 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:49:17.96 ID:l7i5HSkx
>>82

85 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:49:56.56 ID:UUNQbK/y
>>82
山奥で忘れられてても、生きてられるから無問題。

86 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:51:11.83 ID:u18nmX4v
>>82
>>82

87 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:52:30.79 ID:BkMVPbqR
>>82ヒルルク乙

88 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:52:56.98 ID:0iUM2ajm
天国やら地獄、神様、宗教の存在は死を恐れて何かにすがりたくて作ったんだろうな
そう考えると人の道に外れた悪事をしても地獄になんて行くこともないししたもん勝ちだなw

89 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:53:21.01 ID:Hx1Mg2nh
>>88
違う
騙す為に作られて、利用されてきた

90 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:55:58.85 ID:dEaRCB7P
ちくしょう、ツッコミなしどころかみんなで晒しやがって…

ウルガランの山頂で自爆してやる!

「まったく、いい人生だった!!」

91 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:58:13.96 ID:dEaRCB7P
>>87
と、思ったらツッコミあったwありw

92 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 15:58:37.82 ID:UUNQbK/y
>>88
もしあったらタイヘンだぞ?w
今まで言い伝えられてた通りになるんだから。

あるかないか、現状じゃ主観でしか断言出来ない。
だから客観的なある/なしが出てくるまで、その判断保留にしておけ。

93 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:01:19.15 ID:l9AwR52l
>49
>常時、脳に機械を装着しておけば可能かもしれないが。それは人間ではない
現在すでに病気のために脳に機械を装着しないといけない奴がいるんだが、そういうのは人間じゃないってことか。
お前、最低な奴だな。

94 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:02:35.63 ID:N+1kc3ov
おれがしんでいたらおまえらはレイズをほどこすべき

95 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:03:39.30 ID:u18nmX4v
>>89
まぁでも、中には敬虔で善良な信者もいたんだと思うぞ。

最初に悪徳から作られた思想・戒律だったとしても、それを
信仰して真っ当に生きた人たちもいるだろうから、簡単に
宗教を否定するのもなぁ。

とはいえカルト宗教とか宗教戦争とかもあるしなぁ。

その宗教を信じた人たちが残した結果を重視すべきだと思うんだ。

96 :ロリコンファンタG ◆LolicgPqU2 :2006/12/22(金) 16:06:19.01 ID:amlRkpk9
人が死ぬのは
古い遺伝子を固体ごと消し去る自然のシステムだって
最近コンビニで買った本に書いてあった。
所詮は優秀な遺伝子を残すためだけに生きてるらしい。

97 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:09:43.56 ID:TLK6HFgI
>>94
レイズは戦闘不能回復
死者はよみがえらん

かけるならザオラルにすべき

98 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:10:34.62 ID:S66uTHOz
それはこの板の9割の人間の人生を否定する台詞だ

99 :血液型:プルトニウム:2006/12/22(金) 16:11:57.27 ID:ODtCAsKm
〜死んだらこうなる〜
          ,, --──-- 、._
       ,.-''"´           \
     /                ヽ、   
    /     (Φ),   、(Φ)     ヽ
     l    `ー ,,ノ(、_, )ヽ、,,.        l   
    .|  ///   `-=ニ=-.   ///     |   
     l       `ニニ´.           l
    ` 、  /⌒⌒i   /⌒ヽ        /
      `/    |   |    \    /

【妖怪まんこ嗅ぎ】
もし嗅いだ時、悪臭を放っていたならば?妖怪まんこ嗅ぎが悪臭を全部吸い取って
くれて翌朝にはほのかに薔薇の香りのするアロマまんこになっているという。
このように妖怪まんこ嗅ぎはやさしい一面を持っている。
                 (民明書房刊 「妖怪まんこ嗅ぎ」 より)


100 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:13:07.81 ID:l9AwR52l
>95
>まぁでも、中には敬虔で善良な信者もいたんだと思うぞ。
信者は騙されてる方の立場だろw

まあ、実際には教祖も騙すためってわけじゃなくて神秘体験しちゃっただけだと思うけどな。
最近出来た奴は別として。

101 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:14:14.15 ID:INZiYO93
生まれ変わりとかよく言うけどさ
前世の記憶が無くなるんなら生まれ変わろうがなんだろうが
結局自分の意識は死んだら永遠になくなると同じなんだよな。

102 :(⊃ω`)⊃===〇)ε^*)ノ:2006/12/22(金) 16:14:18.84 ID:6Ocv7lY+
人を殺して悪なら自然界は極悪の巣窟になる。

103 :驚きの白さの白様:2006/12/22(金) 16:15:57.66 ID:ObLP3jBp
じつはみんなファミコンゲームの登場キャラで、
死んだら(ゲームオーバーになったら)最初からやり直しするだけ。

時々、ゲームのバグで前世の記憶を持ったまま最初からやり直せる人がいるけど・・・ってまぁいいか。。。

104 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:16:27.82 ID:UUNQbK/y
>>101
死ねば思い出すから無問題。

105 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:17:27.17 ID:u18nmX4v
>>96
人間社会の歪みの根本ってそこにあると思うんだ。

つまり
自然界=優勝劣敗(優れた者だけが子孫を残す事ができる)
人間界=弱者優遇(誰でも子孫を残す事ができる)

これだと人間って突出した進化はしていかないんだ、絶対に
それが理性を持つ人間のいい所でもあり種としての将来性の
暗さでもある。

クロマニヨン人<現代人<???

本当はその先があるはずなんだけど、人間は自らその進歩を
遅らせる社会を作っちゃったわけ。
科学技術は進歩しても種としては進歩せんのよね。

ま、俺が死んだ後の世界なんかどうでもいいけどね

106 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:19:02.82 ID:Hx1Mg2nh
もう人間自体、外見上とか脳、骨格、内臓等の構造の進化はないって言ってたな

107 :ロリコンファンタG ◆LolicgPqU2 :2006/12/22(金) 16:19:35.71 ID:amlRkpk9
>>105
なるほど・・・
人間が争ってばかりなのには意味があったのね

108 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:19:49.78 ID:1T+R4Kv9
>>102
殺すから悪なんじゃなくて、自分と同種の存在を殺すから悪なんだぜ?
全ての生物は増える為に存在する。その種の根本的な存在理由に反するものが悪とされる。
なお、他種を殺すのが悪とされないのは、他種を殺して糧とする事が生きる為に必須であるから。
ついでに付け加えておくと、必要でもないのに他種を殺す事が悪とされるのは、その後必要になった時に糧とできる他種が減少するから。
自然保護とか野生動物保護とか言ってるけど、世の中の決まりってのは、全部人間に都合のいいように出来てるのぜ?
だってそれを作ったのが人間だからなwwwwww

109 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:21:39.18 ID:kZepZVkj
死後なんて考えるのは今の人生に不満・不安がある証拠。
「我が生涯に一遍の悔い無し」って言って死ねる奴ならそんな事考えない。

110 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:21:43.22 ID:TLK6HFgI
いまきが付いた

このすれ


中二病患者


収容スレだったのですね

111 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:33:17.99 ID:u18nmX4v
>>109
ラオウ:・・・ジャギに生まれ変わるのだけは嫌だなぁ
拳王親衛隊:は?ラオウ様、何かおっしゃいましたか?
ラオウ:何も言ってなどいないわぁ!!北斗!!豪掌波!!!(ブワッ)
拳王親衛隊:(ピキーーーーン)たわばっ(ブシューーー)
ラオウ:・・・アミバに生まれ変わるのも嫌だなぁ
ラオウ:・・・あ、ユリア萌え〜w


112 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:42:00.71 ID:5djAbbes
生まれ変わる…お前らでもいっぺん死ねばイケメンになれる可能性があるのか

113 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:49:42.96 ID:FEZAbOjs
>>105
人間が別の種に変化しないという保証はまだどこにもない。
人間の歴史はたかだか一万年
恐竜は滅ぶだけでも数百万年かかっている。

まぁ、気楽にいこうや。

114 :驚きの白さの白様:2006/12/22(金) 16:55:54.53 ID:ObLP3jBp
>>105,>>113

進化は周りの環境に合わせてじゃないかね。
今、天敵のいない人間はこれ以上、進化する必要がないわけだし。

もし、今、大規模な地球環境の変化が起きて人類が壊滅の危機に瀕したら、
その時には新たな環境に適応した新人類が生まれるかも。
そういうのを”進化”と言うのか”突然変異”と言うのか分からんが。

115 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:56:51.50 ID:KJ7t87S7
>>113
人間が滅ぶ時は一瞬でほろびそうだけどねw

116 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 16:57:59.60 ID:FzJ8EMYD
ttp://strawberry.web-sv.com:900/Sn/5/bgb/bh6478.zip.html
ttp://www.tbs.co.jp/radio/format/dame.html


117 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:03:57.08 ID:FzJ8EMYD
ヘイユーブルース
http://www.youtube.com/watch?v=F9muhilvmtk

118 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:06:08.87 ID:3WWYBx2T
>>114
環境への適応という面で言えば、空気が汚い所に住んでる人の鼻毛が長いのも進化と言える。
FFやってばっかの廃人が足腰萎えるのも進化だしネ実思考になるのも進化。

119 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:07:58.67 ID:VGGv22Qi
ホームポイントにもどりますか?

120 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:12:50.02 ID:zrLbaX0c
  はい
メロ いいえ

121 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:13:38.59 ID:dGytX0IR
>>114
天敵ならまだいるだろ、最大の天敵がな。

「人間の天敵は人間」

この言葉を忘れてはならない、そうこれが最後の進化への道だ。
この最終戦争が終われば進化はとまる










宇宙人が現れなければ、だが。

122 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:14:07.94 ID:ipN8xmb8
人間は生きてる間に情報を蓄え続ける。

例えば、貴方がふと何か考えたとしよう。
初めは微細な電気信号が脳に発生し、やがて脳全体を駆け巡る。
最終的にこの電気信号は外部からもそれと分かるほどの強さを持つようになる。
これが情報、データのエネルギー。

エネルギーと言っても電気信号からなる振動なので、人間は感じることができる。
「好意を持って接した人には好かれる」「ある時、神が降りてきて創造性を得る」など。
では、死んだらどうなるか?
死を前にして脳は蓄えた情報を最大限発信するだろう。継承の為に。
あるものは土に含まれ、あるものは風に溶け、あるものは人に届く。
この情報の継承を転生ととる事も出来るだろう。

まぁ、そういった話。
ぶっちゃけ、生命の線引きすら難しい現状じゃ、生と死なんてあつかえっこない。
科学なんてくだらねーもん妄信するより、てめーら自分で考えろって事さ。

123 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:16:08.55 ID:as/7VM+j
死ねば誰ともわかりませんね、フフフ(戦国BASARA参照)

124 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:27:36.36 ID:LvNecpco
>>70
副産物云々はNOだ
なぜなら、人間とまったく同じ素材・構成で人型を作っても動かないから

「生きている」と定義づける要因が他にあると言うことだ

125 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:32:18.47 ID:u18nmX4v
>>124 うごくんじゃねーの?技術的に難しいだけで
脳内の神経の配列やらなにやらも含めて(詳しくないけど)、
物理的に完璧にコピーすれば、「ポコタンインしたお」っつって
動き出しそうだがw。

材料だけ集めて組み立てないってのはナシね。

126 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:44:29.74 ID:ipN8xmb8
どうだろう。俺は動かないと思うぞ。
死んだ人間の心臓、電気流して無理やり動かしても動かなかったり、
脳が大事ってんなら、生きてる人間から脳と心臓一式取り出してタンクの中で生きれるかってゆーと、どうも怪しい。

鋼の錬金術師ってマンガはあの作者なりの生死観でこの問題に答えてたな。

127 :驚きの白さの白様:2006/12/22(金) 17:46:38.94 ID:ObLP3jBp
「魂」は存在するのかって事を研究したグループもあるな。
厳重に管理された状態で死ぬ前と死んだ後の体重を調べたら、
死ぬと数グラム体重が減るのだとか。
それが魂なのか、単に水分が蒸発したのかは解明できないけどさ。

128 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:46:40.45 ID:fNrnE2EU
天国とか地獄を始めに言った奴は反則だろ
針山地獄、灼熱地獄、拷問…あらゆる責め苦
微妙な業の人間が地獄に行ったらホント目もあてらんねー
何でこんなに理不尽なんだぜ?

129 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:49:37.63 ID:H+/qaaNG
ダイジョーブダイジョーブ 死んでもまた最初からやりなおすだけ。
ほら、押しちゃえよ。リセットボタンを。 ぽちっと。

130 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 17:49:41.96 ID:ffvO/g+1
しへのふあん>>>てんごくあるお!
あいつ、むかつく、しねばいいのに。てんごくくんな>>>じごくあるお!


131 :驚きの白さの白様:2006/12/22(金) 17:51:56.81 ID:ObLP3jBp
>>128
そりゃ、「悪い事をしたら地獄に落ちるよ」ってな抑止力じゃない?

それはそうと、「地獄」って日本の映画を小さいときに見て怖かった。(タイトルは間違っているかも)
たしか、体の皮をはぐんだよ。。。
多分、今見るとショボいのだろうけど。

132 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 18:12:54.71 ID:UUNQbK/y
ん?
地獄なら悪りーことの程度に応じて変わるから、心配すんな。

今だと、ネ実地獄とかニート地獄とか、中にはヴァナ地獄とかありそうだなぁ。
基本的に、本人がイチバンイヤって思ってることが出てくるから。
向こう行ってまでヴァナでギスギス、奪い合いで罵り合いとかある意味コワスw

ま、なんだ。
馬鹿なお人好しでいいじゃねーか。
大して損しねーよ。

133 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:11:03.67 ID:2Zs/+ex+
マイケルジャクソンは死んだらすぐ冷凍保存して、
蘇生技術が発達するまで保存させる約を2人つけてるらしい。

お金あるとなんでもできるなw

134 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:43:20.53 ID:kt/tBSAQ
あの世なんかない。魂もない。輪廻転生もない。神もいない。
人は必ず死ぬ。そして死んだらそこで終わり。全てが無になる。
だが、終わりがあるからこそ、死があるからこそ今がありそして生きていける。


どんな事も始まりがあれば必ず終わりがくる。終わりがないなんてありえない。
そして、楽しい事も終わりがあるから楽しいものだし苦しい事も終わりがあるから耐えられる。
死があるから今を生きていける

もし、人が永遠という荒野に投げ出されたとしたら…狂うだろうな。

輪廻転生?前世?
もし、魂は永遠で過去の記憶が蘇ったとしても俺に言わせれば悪夢以外になんでもない。

あの世なんかない。魂などない。輪廻転生もない。神もいない。
人は必ず死ぬ。そして死んだらそこで終わり。全て無になる。そんな無慈悲な世界。

だが、それが生きるということ

135 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:51:21.75 ID:+84I57H1
マイケルはなんで少年を選り好みしてるかわかってるか?
お眼鏡にかなった少年ボーイを冷凍保存して脳を入れ替えるわけよ

136 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:53:08.98 ID:+84I57H1
>>134
まぁそれが真理だが
>>もし、人が永遠という荒野に投げ出されたとしたら…狂うだろうな。
これは最初からそういう生き物なら狂いはしないだろうし
そういう不死からたった100年しか生きれない生き物になっても同じように狂うだろうよw

137 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:57:30.65 ID:2nssrf8/
始まりってなんだよ終わりってなんだよ。
じゃ始まる前はなんだったんだ。
宇宙の出来る前ってなんだよ。
因果の最初ってなんだよ。

138 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:58:29.56 ID:s0tsEn3W
死んだら亡霊になって世界中旅でもするよ
成仏する気なんて無い

139 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 19:59:06.32 ID:e5DSBVlY
死者の魂が本当にあるとして
地球が無くなったら魂は何処に行くんだろうなw
宇宙が終わったら死語の世界の住人は一体何をして余生を過ごすんだろうかw

まぁなんでもいいからお前らは早く現実世界にログインしろ

140 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:00:11.53 ID:s0tsEn3W
さあ、別の次元に生まれるんじゃね?
そもそも宇宙は無くならない、無限大数時間後に熱的死を迎えるだけ

141 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:04:02.78 ID:+84I57H1
>>137
はじまりってのは受精して自我が芽生えたらだろ
その前なんか何もないから安心しる
宇宙のできる前とか最初の生命とか気にする前に
お前の人生の目標をしっかり見据えろ
答えの無い難しいことばかり考えたふりして現実逃避する理由にしちゃだめだぞ

142 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:04:11.94 ID:vHktdZZv
今、生きてるなら次は死んでいる世界に意識が移るだけ、そこで死ぬ?と生き返ってこの世に戻る

143 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:05:03.33 ID:3uA0mFEm
↑で電人ハルと冗談半分で書いたが
植物人間の(要は肉体だけ)の"人"と人格をインストールしたハル(スパコン)のような存在が
あるとすればどちらが"人"としての存在に近いんだろうな。
法律云々の野暮な事は無しとして

144 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:05:53.48 ID:AXvuGO6i
何も始まってなどいないし、終わってもいない
最初もないし、最後もない

145 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:06:54.36 ID:+84I57H1
>>143
そら植物人間だろww
人間の頭脳が入った犬がいても人として見れないだろ?
人の定義は精神的なもんじゃないのなw

146 :とろけるチーズ ◆QS0Eq.nT.w :2006/12/22(金) 20:07:01.70 ID:853jDEdR
>>1
体は土に還り、意識は消えるよ。

147 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:09:21.10 ID:kt/tBSAQ
>>136
それはもう人間とは呼べないものだろ

そして人間は永遠というものに決して耐えられない。

例えば拷問
拷問で一番つらいのは拷問そのものじゃない。
いつまでも拘束されるかわからない事

もし誰も来る事のない暗い井戸でいつ井戸から出れるかわからないままいなければならないとしたらどうする?

永遠とはそういうもんだ

148 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:09:39.57 ID:ciEx0gCK
本来屍は土に戻し、微生物や昆虫によって食物連鎖の一員となり
自然輪廻するのであるけれど、残念ながら日本では火葬。

よって自然輪廻に参加する事は出来ず、一切を無に帰す。

149 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:10:01.92 ID:C2Yr/gcs
疲れた、、わたしもそろそろ宇宙に還るよ

150 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:10:17.98 ID:IBjpbnm4
>>145
じゃ 犬の脳みそを持った人間の肉体と
人間の脳みそを持った犬の肉体 これだと前者が人間なわけか?後者は犬なのか?

151 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:10:18.60 ID:2nssrf8/
平行世界に行くんだよ。

152 :age:2006/12/22(金) 20:10:42.80 ID:VDYmIpRy
プッツリとそこで、終わり


と、思う。

寝てる時の状態が永遠に〜って感じで良いんでないかな?


153 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:11:04.02 ID:+84I57H1
>>147
永遠ニートはいいんじゃね?
辛い事を終わり無くされることに耐えられないわけよw


154 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:11:06.64 ID:s0tsEn3W
拷問で四肢を捥いで焼いて止血して、豚小屋にぶち込むというのがあってな・・・

155 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:12:19.09 ID:+84I57H1
>>150
犬の脳みそ持つ前はどうだったんだ?w
クローン人間に入れても意味ないだろw

156 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:12:48.14 ID:+84I57H1
>>154
お前それ以上発言すると だるまにされるぞ

157 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:13:25.88 ID:aBEY3vpD
>>153
ニートだって来世で頑張ればいいや^^があるから生きてるんだッ!
永遠にニートだったら死んでるッ!

あれ、なんか矛盾してね?

158 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:14:36.22 ID:+84I57H1
>>157
ニートは来世の事考えてそうしてるわけじゃないだろwww
お前はほんと自分基準なw

159 :こうなる:2006/12/22(金) 20:15:03.46 ID:uc+SOr36
                    ティウンティウンティウン

                 ◎
              ◎     ◎
                 ◎
          ◎   ◎   ◎   ◎
                 ◎
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎ ̄|   ◎
               ∧◎∧∧∧∧∧∧∧

160 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:16:36.52 ID:5IzYlpCt
>>1
生まれ変わりますよお^^;人は^^;死んだら^^;生まれ変わりますねえ^^;
というのはね^^;今の^^;記憶や^^;意識は^^;脳の^^;消滅と^^;ともに^^;
完全に^^;消え去りますがあ^^;【物質】としては^^;永遠に^^;宇宙を^^;
さまようんですよ^^;つまり^^;人体を^^;構成している^^;水素ですとか^^;
炭素ですとか^^;そういった^^;レベルで^^;存在し続け^^;また^^;別の^^;
物体として^^;再構成されます^^;まあ^^;次は^^;雲の^^;一部に^^;
なるかもしれないし^^;キミらに^^;食われる^^;ニンジンの^^;水分の^^;
一部に^^;なるかもしれない^^;それは^^;わかりません^^;
ゼノサーガで^^;アルベド・ピアソラも^^;言ってましたね?^^;

 分子になっても俺という質量が
 この宇宙から消えてなくなるわけじゃないんだぜ?
 俺を構成していた分子を
 存分に呼吸してくれよな。ルベド。ハハハハ…

つまり^^;そういうことなんですよォオ^^;生命体の^^;定義では^^;終了しますがあ^^;
宇宙を構成する^^;物質としては^^;宇宙が終る^^;その日まで^^;永久に^^;
存在し続けるわけです^^;エネルギーとしてね^^^^

161 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:16:37.35 ID:3uA0mFEm
>>145
植物人間の大事な人より人格を全てコピーしたハルのような存在が俺は良いなぁ。
あ。もちろん犬にでもいい。彼女の脳が入ったチワワなんてなかなか良いかもしれん。

162 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:16:49.80 ID:IBjpbnm4
>>155
待ってた返答だよそれは じゃあ聞くね
脳みそを機械に変えた人間との体
培養液の中で脳みそだけを生かされてる人間の脳

もともと同じ人間 Aさんのものだとしたら
Aさんは今 どっちなんだ?

163 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:17:35.78 ID:oql3aQvE
来世があるとして、人間の人口が減っていったらどうなるの?
生まれ変わりは順番待ち?

164 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:18:42.36 ID:IBjpbnm4
>>163
ふたりでひとりバロローム
みんなで呼ぼうバロムワン

165 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:19:59.76 ID:qmKzTjd+
人も生き物もモノだって事だ。

PCと同じようなこと。
運命なんてありえないしなにもない。



166 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:20:31.11 ID:Dr9H02Yr
科学的に考えなくても生まれ変わるだけはない

167 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:20:42.32 ID:5IzYlpCt
>>163
来世というのはあ^^;人間ではないんだよな^^;結局は^^;
死後^^;酸素や^^;窒素に^^;分解された後^^;別の^^;何かに^^;再構成される^^;
それを^^;生まれ変わりと^^;そう^^;言うわけなんですよねえ^^;
ですんで^^;人の形に^^;なるとは^^;限らない^^;ごちゃまぜに^^;なるんですよ^^;
例えば^^;オレの^^;体に^^;流れる^^;血液の^^;一部は^^;先週^^;亡くなった^^;
近所の^^;爺さんの^^;水分の^^;一部かもしれない^^;

168 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:20:50.53 ID:e5DSBVlY
>>163
抽選にもれたら犬

169 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:22:21.38 ID:aBEY3vpD
つまり、人格をコピーしてPCに入れて二次元の世界に入ればよくね?

170 :とろけるチーズ ◆QS0Eq.nT.w :2006/12/22(金) 20:22:31.35 ID:853jDEdR
生き物に生まれ変われるだけでラッキーかもしれないよ・・・

171 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:23:37.77 ID:nPie4KeK
来世はネコ。ただしピザデブ一人暮らしの家の飼い猫ね!

172 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:24:04.37 ID:5FBbjIM3
現代医学では身体と脳とで個人の区別をつけがちだが
身体不分化と全身そのものの身体的特徴こそが個人を
個人として成さしめている

>>162の場合どちらも元Aの部分でしかない、故にどちらもAではない

173 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:25:08.21 ID:IBjpbnm4
>>172
じゃ 右手を失ったAさんと
Aさんの右手
これはどっちがAさんなんだ?

174 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:25:45.17 ID:5IzYlpCt
そもそも^^;生命という^^;人間の^^;手前勝手な^^;定義そのものが^^;強欲なんですよ^^;
地球だって^^;広い意味では^^;始まりと^^;終わりを^^;繰り返す^^;1つの^^;生命と^^;
言えるわけですし?^^;じゃあ^^;地球は^^;生まれ変わるのかと^^;生まれ変わりませんね^^^
まあ^^;太陽に^^;飲み込まれて^^;共に^^;超新星爆発でも^^;起こす^^;運命でしょう^^;
同じですよ^^;人間も^^;分子レベルで^^;分解され^^;別の^^;物体として^^;再構成される^^;
それが^^;【生まれ変わり】なんだよな^^;結局は^^;

175 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:31:28.65 ID:+84I57H1
>>173
お前は屁理屈こねてるだけだろww
どこに天才的な右手を持つAさんの手を交換したら
そいつがAさんになるんだ?w

176 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:32:50.09 ID:FLU1e9p4
>>1が「死ぬの?」じゃなくてひどくがっかりした

177 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:35:30.45 ID:5tPlf+dF
転生できるガルカの俺は勝ち組^^v


178 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:35:42.51 ID:IVR47/Fn
残された身内の誰かが、何だか幸せになってはいけない感じになる。

こともある。
同じ言葉を話しているのに、言葉が通じない感じ。




179 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:38:12.18 ID:IBjpbnm4
>>175
右手を失ってもAさんはAさんのままなのに
脳を失ったらAさんはAさんでなくなる、って言ったのはお前だぜ
てことはAさんの本体は脳なんじゃないのかね?


180 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:38:47.34 ID:+84I57H1
だから上にもあったように
自我とは肉体の上に成り立つもので
肉体が入れ物とか言ってるアフォがいるからこんがらがるわけでw
肉体が朽ち果てれば自我も朽ち果てる
逆に肉体が朽ち果てなくても自我が崩壊したり朽ち果てることもある(植物人間など

あくまで肉体>>>精神なんだよ

181 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:39:51.47 ID:+84I57H1
>>179
脳だけで生きられネぇw
でも言いたい事はわかる
つまるところ生命を維持できる肉体状態ならそれはAさんなんだよ
生命維持に手は関係ない
ただそれだけ

182 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:42:32.38 ID:IBjpbnm4
>>181
 150 :既にその名前は使われています :2006/12/22(金) 20:10:17.98 ID:IBjpbnm4
   >>145
   じゃ 犬の脳みそを持った人間の肉体と
   人間の脳みそを持った犬の肉体 これだと前者が人間なわけか?後者は犬なのか?

   155 :既にその名前は使われています :2006/12/22(金) 20:12:19.09 ID:+84I57H1    
   >>150
   犬の脳みそ持つ前はどうだったんだ?w
   クローン人間に入れても意味ないだろw


じゃ 犬の体に入ったAさんの脳は そのまま生存できるなら「Aさん」なんじゃないのかい?
だとするなら どっちがAさんなんだい?
さらにいうなら これが「犬」じゃなくて「Bさん」だったら?


183 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:42:39.73 ID:/ZiqWamH
いつか死ぬって考えるとさ、霊の存在を認めたくなるよな

184 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:42:54.16 ID:5IzYlpCt
>>180
肉体が朽ち果てれば^^;自我も朽ち果てます^^;それは同意^^;
ですが^^;自我が崩壊するのも^^;【肉体の崩壊】が原因ですよ^^;
脳という^^;肉体の^^;異変によって^^;精神が^^;乱れるわけですから^^;

185 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:43:10.89 ID:5FBbjIM3
おれが言うのはAさんという個人は時間経過とともに常に変化している
生きているというのは変化し続けることだ。
どの時点で脳と体が分かれても常にAさんの総体は変化しているので
二度と同じ状態のAさんは存在しない。

右手があろうが無かろうが、脳があろうが無かろうが
体があろうが無かろうが
全てがAさんの一部でありその総体がAさんであるということ

186 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:44:17.94 ID:+84I57H1
>>184
自我が崩壊するのも【肉体の崩壊】が原因となる場合があるが正解な

187 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:45:45.63 ID:5IzYlpCt
>>186
つまり^^;脳は肉体ではないと?^^;

188 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:46:12.20 ID:+84I57H1
>>182
まず言っておくと
脳を交換すると自我が交換できるとおもってるお前の発想にあっぱれ
加えておくと脳に互換性はないぞw
血液と同じレベルでみてるんじゃないだろう

189 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:46:42.27 ID:+84I57H1
>>187
逆でしょw
脳=自我ではないと

190 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:47:44.32 ID:mJtWNnDu
 
 死んだら


ベッドの下からエロ本がわんさか出てくる
HDDからエロ画像がわんさか出てくる
洗ってないパンツがわんさか出てくる
死体からウンコがわんさか出てくる
馬鹿にしていたあいつが彼女とクリスマスを迎える
卒業文集にパイロットになりたいと夢を書いてしまった
遺族が家財道具の処理に結構金かかる
葬式代もな
ボクサー亀田がK1に転向し地味なローキックでKOされるのが見られない
ピッチャー松坂が2軍落ちしました
さようなら

191 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:47:48.54 ID:IBjpbnm4
>>188
語るに落ちたね
互換性がないなら それこそがAさんの本体であり根幹なんじゃないのかい?
俺は一貫して「脳こそ人間の本体である」といってるんだがね

192 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:48:56.10 ID:5FBbjIM3
肉体に特化してAさんを言うなら
脳と身体が離れたことで自律神経の働きが変化しているので
すでに脳も身体も元ののAさんではない。

193 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:49:30.85 ID:+84I57H1
>>191
いあw互換性のない内臓なんぞ他にあるだろ
それこそ脳だけじゃなくもっと広い意味での生命維持するための肉体だろ?w

194 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:50:14.15 ID:3uA0mFEm
そう言えば先週までの銀魂もこんな話だったなぁ。
今が旬なのか。

195 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:51:00.56 ID:5FBbjIM3
おまいら、脳だけで個人として存在できるなんて考えは昭和の頃の時代遅れの夏石みたいなもんだぞ!
このへんでやめたほうがいい

196 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:51:29.40 ID:+84I57H1
>>195
まぁここのネ実年齢からいうとグラデウス世代なんでしょw


197 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:51:41.96 ID:IBjpbnm4
>>193
じゃ元にもどるだけだよ
脳だけがAさんのものを移植されたBさん
Aさんのほかの「互換性のない内臓」を移植されたCさん
Aさんの「互換性のある部位」を全て移植されたDさん

Aさんはどれ?それともどれでもないのかい?

198 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:53:20.78 ID:+84I57H1
>>197
だから脳だけがどうやって移植されるの?w
まず前提からおかしいでしょ

そしたら体右半分と左半分にしてお互い交換したAさんとBさん
Aさんはどっち?というのと同じレベル

199 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:55:56.28 ID:3uA0mFEm
元々電人ハルの話から犬に脳を移植したAさんはどうなんだ?って話の流れだから
移植どうやってするの?じゃないw

200 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:56:11.30 ID:IBjpbnm4
>>198
じゃあ脳だけが死んでいるAさん
脳以外死んでいるBさん
人間はどっち?死体はどっち?

人間の根幹はどこにあるか、って話をしてるのであって
移植が可能かどうかを話してるんじゃないんだぜ

201 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:56:30.71 ID:5FBbjIM3
>>197
仮にそういう部分交換が技術的に可能だったとしても
交換後の総体にA'さんB'さんC'さんが発生するだけ

202 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:56:31.80 ID:UUNQbK/y
まぁいいからおまいら、クオリアでもぐぐってみ。
あとそうだなぁ、ペンローズ辺りか、面白そうなの。

あの世なんて、単に光速の向こうの世界ってだけさ。
この世界は光速で規定されてるけどな。

203 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:56:44.51 ID:+84I57H1
そんな漫画の架空の話だけで語られてもwww
作者に問い合わせてくれww

204 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:57:53.60 ID:+84I57H1
>>200
だから脳以外死んでるなんてことがまずありえないんだってww
お前はSF厨かよwww

肺だけが生きてるとか言いそうだなw

205 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:58:14.98 ID:f+o4vETX
生まれてくる前、全くの無だった自分が
記憶を蓄積して今の状態になった
死んだら生まれてくる前と同じ状態になるだけ

206 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:58:34.89 ID:IBjpbnm4
>>203
脳死や植物人間は別に漫画の世界の話じゃないぜ
言葉尻をとらえて茶化すのもいいがね

207 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:58:50.96 ID:+84I57H1
>>205
要するに無ってことだよな

208 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:59:14.85 ID:5IzYlpCt
なんだあ^^;そういうことかあ^^;オレ^^;勘違いしてたわ^^;
やっぱ^^;ネ実民は^^;どこぞの板の^^;住民と違って^^;奥が深いということなんだよな^^;

209 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 20:59:34.58 ID:+84I57H1
>>206
>>199につっこんだんだよw
まぁお前の話は全部否定されてるがw

210 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:01:11.70 ID:aBEY3vpD
二次元は生きているのか死んでるのかどちらですか?

211 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:01:48.60 ID:+84I57H1
>>210
その子の声が聞こえてきたら生きてると思っていいぉ^^

212 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:02:25.89 ID:IBjpbnm4
>>209
じゃあ聞くぜ
Aさんは病気で手足が腐り落ちました が生きています
病気は進行し 胃や腸は切除され、人工心肺で生きています
目や耳も機能しなくなり、筋肉の大部分が腐り始めています が まだ生きています
反応はほぼなくなりました が 生命維持装置により生きています 脳波もあります
脳波はなくなりました が維持装置は働いています
維持装置が停止しました

Aさんはどの段階で「Aさん」でなくなったんだ?

213 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:04:11.18 ID:+84I57H1
>>212
Aさんの自我がなくなってからだろww
それは本人にしかわからないことだけどな

214 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:04:20.03 ID:5IzYlpCt
>>212
脳波が完全に消えたらAさんではないよな^^;

215 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:04:53.61 ID:IBjpbnm4
>>212
じゃあ 病気以前からなんらかの理由でAさんに自我がなかった場合は?

216 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:06:05.38 ID:+84I57H1
>>215
ここでいうAさんという定義は法でもなんでもなく
Aさんという個人の事だよな?上でも誰か言ってたように
それならAさんという自我がなくなった時点でAさんじゃないんだよ
何かのきっかけで自我が戻ればAさんじゃね

217 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:06:59.18 ID:UUNQbK/y
・・・移植話してるヤツさ。

心臓移植したら人格が変わった

って事例知ってるか?
何故かは分からないが、移植を受けた側が、提供側の人格になっちまった、ってやつ。
他にも、嗜好が変わったりとか、いろんな話がある。
もちろん1例だけじゃなく、けっこうな数が報告されてる。

脳移植しなくても、こんな話は起こってる。

218 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:07:27.02 ID:IBjpbnm4
>>216
じゃあこの例でいうなら「Aさんは最初からAさんではなかった」?


219 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:07:41.98 ID:+84I57H1
>>217
献血でもあるぉ

220 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:08:45.22 ID:+84I57H1
>>218
んだな
ただ自我が完全になくなってるかどうかは誰にも判断できないところだけどな

221 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:09:49.69 ID:5IzYlpCt
>>217
当然ですよお^^;だって^^;体の構成が^^;変わるんですから^^;
性格も^^;微妙に^^;違ってきますよ?^^;たとえば^^;心臓移植で^^;血流に^^;
変化があれば^^;その^^;血液の^^;速さや^^;圧力に^^;応じた^^;微妙な^^;変化が^^;
性格に表れて^^;当然です^^;パソコンだって^^;パーツ変えれば^^;挙動が^^;
微妙に^^;ちがってきますよ^^;

222 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:10:47.03 ID:+84I57H1
>>221
アレと一緒よ
プチ整形したりダイエットしたら自信も漲っていろいろ変化が^^

223 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:11:23.04 ID:IBjpbnm4
>>218
ありがとう 参考になったよ ついでにもうひとつ教えてくれ
212の例で Aさんはどの段階で「人間」でなくなったんだ?

224 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:12:33.12 ID:5IzYlpCt
>>219
当然ですよお^^;だって^^;体を流れる^^;血液が^^;一時的に^^;
他人の物になるんですからあ^^;たとえば^^;肝臓移植で^^;
グリコーゲンの^^;保存量や^^;ろ過システムに^^;変化があれば^^;
それが^^;当然^^;性格に^^;表れるはずですよ?^^;パソコンでさえ^^;
HDDを^^;シリアルATAにしただけで^^;全然^^;挙動が^^;変わってきますし^^;

225 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:13:01.00 ID:+84I57H1
>>223
脳波がなくなったらだろ
いまじゃ植物人間なんかも人間という定義じゃないからな
むしろ院内で「みどりもの」と呼ばれてる始末

226 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:13:30.41 ID:3uA0mFEm
>>217
これは煽りでもなんでもなく【へえー】だわ。
そんな面白い話もあるんだね。 まさに生命の神秘。

227 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:13:59.76 ID:UUNQbK/y
>>221
微妙なんてレベルじゃないぞ。

極端な事例では、女性がまるで提供側の男性のようになった、なんてものまである。
脳の例えで言うなら、これはありえんよな。
男女で脳の構造が違うんだから。

記憶の転移なんてのも、かなりの数が報告されてる。
けど脳で全てが決まるなら、その記憶はどっから紛れ込んだのか?


ま、そんな話だ。

228 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:14:07.11 ID:IBjpbnm4
>>225
じゃ 人間かどうかの定義は脳波の有無?

229 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:15:04.13 ID:IKDtxMXd
>>218
つまり…Aさんは最初から死んでいたんだよ!!

230 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:15:13.41 ID:5HPC7Awh
Aさんという実体があるというのがそもそも前提としてまちがってる
髪の毛一本でもぬけたらそれはAさん-髪の毛でAさんじゃないんだぜ?

231 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:15:22.13 ID:+84I57H1
>>228
今の医学では>>212の例だとそうなるねぇ
あくまで医学的な定義であって
お前のいう宗教的な定義にあわせるもんじゃねぇぞw

232 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:16:31.01 ID:IBjpbnm4
>>230
お前の髪の毛と ハゲたお前
家族はどっちをキミの名前で呼ぶのよ
数学的な話じゃなくて どちらがよりキミなのかって話だと思うよ

233 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:16:39.60 ID:5IzYlpCt
>>227
細胞記憶でしょう?^^;仮に^^;あったとしても^^;神秘でもなんでもない^^;
ただ^^;人体の^^;構成が^^;変わることによって^^;それが^^;行動に^^;影響を^^;与えるだけですよ^^;
人間なんてさあ^^;【歯が1本痛いだけで性格が変わる】んですよ?^^;それが^^;
臓器移植なんか^^;すれば^^;性格に^^;影響が^^;出て^^;当然ですよお^^;

234 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:17:06.85 ID:+84I57H1
脳波があっても植物じゃ俺は人間とみなしたくないけどなw
俺がそうなったら家族に悪いとおもうから安楽死選びたいわw
現状はそれが通らないから悲しい現実

235 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:17:23.61 ID:IKDtxMXd
>>231
医学だと維持装置動いてても、定義上は死んでるのか?
植物状態でも生存扱いだと思ってたんだが。

236 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:17:50.72 ID:IBjpbnm4
>>231
俺は宗教的は話はしてないよ
「脳以外が死ぬ」仮にそんな病気があったとしたら医学的にはどうなのか、って話だよ

237 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:19:42.07 ID:5HPC7Awh
数学の話じゃないよこれは。
どこからAさんじゃないの?という質問に対して
最初から絶えずAさんじゃないよ。という話。

家族が呼びたければ手足がもげて
骨の欠片になってもそこにはAさんと
呼ぶに値する何かがあるのだろう。

客観的にどこからがAさんかとうのはそもそも定義できないんだ


238 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:19:48.54 ID:+84I57H1
>>235
そら生きてるさw
生存扱いで間違いないよ
ただ「人間という生き物」の定義から外れるだけ

>>236
脳以外が死ぬ」仮にそんな病気があったとしたら医学的にはどうなのか
もうここが宗教なんだってw
世界に終わりがくるならと変わらんw
ありもしない話を仮定にあらさないでくれよw

239 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:20:20.14 ID:+84I57H1
>>237
それならお前は
脳みそだけのAさんを見て
Aさんと認識するのか?w


240 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:20:46.16 ID:5FBbjIM3
>>212
全ての段階でAさんはA'さんに置き換わりA'さんがAさんと成り続けている

241 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:21:20.54 ID:+84I57H1
>>客観的にどこからがAさんかとうのはそもそも定義できないんだ

そそ
だからこそ定義づける必要もあるんだな
ここでじゃなく医学や倫理でだけどなw

242 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:21:42.93 ID:UUNQbK/y
>>234
植物じゃないが、ほぼ脳死って言われてて、蘇生した事例を見たことがある。
もう脳死と言っていい状態だが、家族の希望でゆっくり自然死の方向で、みたいなケースだった。
呼吸器だけ一応つけて、心臓が止まるのを待った。

数日後、その患者は突然反応を見せ始めた。
更に数日後、呼吸器が外れた。
その後は順調に回復し、しばらく入院した後、普通に歩いて退院していった。

脳死が人の死とか、あれ見ると信じられん。
他にも完全に脳死だった患者が、蘇生してピンピンしてる事例なんて幾つもあるし。

243 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:22:25.45 ID:5HPC7Awh
もちろん法律で定義しようという試みは絶えず議論に晒されながらも現在進行で進んでるし、
法治国家であるいじょうはどこかで妥協するひつようがあるのだよ。
実はみんな主観で語ってるのであって本当のことなど誰も知らないのだよ。
そこで妥協点を見出して大多数が納得する落としどころが法律の正体なのだよ。

244 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:22:54.08 ID:IBjpbnm4
>>238
なんでありもしないって言い切れるんだお前
首から下が全く動かなくなり 生命維持装置なしでは生きられなくなった状態は
いわば「頭だけが生きている状態」だろ

245 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:23:07.64 ID:+84I57H1
>>242
そうだな
ゆえに簡単に処理もできない
まぁ倫理観やら色々問題も含まれるけどね
家族としても希望にしがみつくしね
でもそんな稀なケースや生き返っても老い先短いこと考えれば
もういいかなと安楽死選ぶ人もいるんじゃないかな。俺はそうだけど

246 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:25:12.73 ID:OT2ah1aE
 

247 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:25:18.28 ID:+84I57H1
>>244
お前はそれで頭から下が完全に機械だなんておもっちゃいねぇだろうな^^;


248 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:25:19.61 ID:+90WiCjf
金持ちがアメリカの冷凍保存会社に、自分が死んだときに脳を冷凍保存
して将来に永遠の命の技術や若返りの技術が完成した時に復活を夢見てる
奴もいるらしいけどなw

249 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:25:39.92 ID:5HPC7Awh
>>239
Aさんの母親や大切な人から見ればそれはAさんだよ。
例え法律がAさんじゃないと決めても。

お前の恋人が交通事故で脳みそだけになって
目の前でその脳みそをゴミ箱でぐしゃぐしゃにされても
穏やかな心を持ちながら激しい怒りで覚醒しないといいきれるだろうか。


250 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:25:54.43 ID:e5DSBVlY
例えば、生命は最初単細胞生物だったわけでしょ
んでより高次で効率的な存在を目指して多細胞生物になった
そしてもっと高次でもっと効率的な存在となるために骨や筋、その他諸々を作り出した
複雑となった生命体の統括するために脳を作った
その脳をさらに発達させた結果、副産物として自我が生れた

60兆個の細胞が自らのために運営している生命体「人間」
その操作機関のおまけ要素みたいなもんが

『オレ』

進化の選択は細胞レベルの意志なんだろうと思う
細胞が望み、選んだからこそ今の生命の姿がある
もしかしたら自我さえも進化を望む細胞が選んで手に入れたものなのかも
そうすると生命の主役とはつまり細胞であり、自我じゃ無い

右腕がもげようと生命活動が維持されていればそれは人間
Aさんとしての自我があろうとなかろうと、それは人間

つ−感じで今考えてみたwどうこれ?w

251 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:27:06.64 ID:+84I57H1
>>249
それなら脳みそない体きれいなAさんと
脳みそだけのAさんみたら
まず体だけのAさんにかけよって泣きすがるだろうww

252 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:27:09.50 ID:IBjpbnm4
>>247
事故直後のクリストファーリーブの話とか見ても現実的ではないかな
機械がどうの言ってるのはお前だけなんだけど

253 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:28:02.63 ID:5FBbjIM3
大体から『治療』という行為は高度に精神的な行為であって壊れた機会の部品を交換するような事では無いのだが

254 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:29:24.85 ID:EEgmfRRw
くだらんなぁ
死んだら分かるんだから、楽しみにとっときゃ良いじゃん

255 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:29:34.26 ID:+84I57H1
>>252
頭から下は動かないだけで機能してないわけじゃないんだって^^;
それを脳以外死んでると同じ目線でみてるお前がいと哀れ

256 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:30:00.57 ID:5IzYlpCt
>>250
>Aさんとしての自我があろうとなかろうと、それは人間

この部分以外は完全同意^^^

257 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:31:05.11 ID:+84I57H1
>>256
いや人間の定義ではあるんじゃない?
Aさんかどうかの話はともかく

258 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:31:51.36 ID:IBjpbnm4
維持装置がなければ動かない、それでも機能しているの?
ピクリとも動かない 動かせない血が流れているだけの手足は機能しているのか?
脳波があるなしが生死判定、なければ「死んでいる」と言ったのはオマエだが
脳死状態だって維持時装置があれば手足には血が流れているんだぜ

259 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:32:54.24 ID:5IzYlpCt
>>257
自我がないのを人間としてしまうと^^;
生命維持装置が何時まで経っても外せなくなる悪寒がするわけですよ^^;
オレ^^;もし事故で植物状態になって完全に自我が消えた後に【人間だから】という理由で^^;
家族に毎月数百万の生命維持費用を負担させたくないんですよ^^;
ですんで自我を失ったら【人間ではなくなる】ことを認めるべきです^^;

260 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:32:55.37 ID:+84I57H1
>>258
お前ほんきで言ってるの?^^;
心臓にピースメーカーとかつけてたりするのは
あくまで心臓の鼓動を補助するもんだで?
微弱には動いてるのをより強く補助するわけ

261 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:33:03.50 ID:+90WiCjf
脳死してる女性と旦那がセックスして、子供を産ませたって例もあるな外国だと。
奥さんが生きてた証を残したかったんだとさ。

262 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:33:39.49 ID:+84I57H1
>>259
いあいあw「Aさんとしての自我」とあるでしょう
Aさんとしてではなく別の自我があるんでしょうも

263 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:35:05.36 ID:+84I57H1
>>259
でも現状はそうだからww
やっぱり人の形してるから簡単に処分できないわけで
復帰する稀なケースもよくあるからね

264 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:35:08.67 ID:IBjpbnm4
クリストファーリーブの心臓は動いていなかったんだけど
ペースメーカーとは違うよ 機械がなければ全く動かない

脳死して維持装置のみで心臓を動かしているのが「死体」なら
この時彼の機微から下は死体だったんじゃないのか

265 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:36:04.80 ID:5IzYlpCt
>>263
困ったなあ^^;どうにかしてよお^^;
もう^^;脳波が消えたら^^;取り外していいからさあ^^;

266 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:36:13.46 ID:r7GAaCkO
京極夏彦だったかなぁ、作品中の「死後」の定義が面白かった
「人の死後」ってのは「生きている人」にのみあるもので
死んじゃった人には関係ないって感じの描写があった(かなり適当なんで補足したい人いたら勝手にどうぞw
生きている人ってのは、死後について考えてる人とか
誰かが死んで残された周囲の人とかね
死んじゃった人は「死後」について考える事も感じる事もないよね、良く考えてみれば

267 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:36:15.59 ID:IBjpbnm4
>>264
機微=クビね

268 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:36:24.16 ID:ErANjjvH
このスレ普通に面白いw

269 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:37:01.61 ID:UUNQbK/y
>>260
あのな・・・ピースメーカーはさすがに恥ずいと思う。

>>261
脳死の女性が、子供産んだ事例もある。
国内と国外、合わせて10例以上あるはず。

270 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:37:27.04 ID:+84I57H1
>>264
だから心臓だけとか一部分だけあげて脳以外死んでるという
おおげさな発想になるなと言っておろうもw

心臓は何故必要なのか?
それは体全体に血液を送るからだよね
つまるところそれだけ条件満たせばいいわけで
血液ないと壊死するが心臓うごいてるのならその下はほんとに壊死してたのか?

271 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:38:16.33 ID:+84I57H1
>>269
そうきたか^^;

272 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:39:29.85 ID:+84I57H1
>>266
ここで発言してる多くが死後なんか無いと言ってるぉ^^
っつか本気で信じてるやつもおるめぇ
サンタとおなじノリでしょ

273 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:40:01.00 ID:s0tsEn3W
実は脳死の定義は曖昧
光に対する反応と反射の脳波確認を行ってるんだっけ?
そもそも脳幹がいかれてなかったら循環器系は動くから機械無しに生きていけたと思うが

274 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:40:53.80 ID:+84I57H1
>>273
さすがに血液通わなかったらダメでしょぉ

275 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:40:54.43 ID:IBjpbnm4
>>270
死亡=壊死じゃないだろう 苦しいな
「維持装置がなければ生きられない、自分では肉体を維持できない」という点において
脳死判定が出た患者の首から下=リーブの首から下 だろ?
脳死患者に死亡判定を出したキミなら リーブは首から下が死んでいる状態になるはずだけど

276 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:42:53.17 ID:UUNQbK/y
>>271
いやだって、業界だと間違えようのない言葉だし。
使うなら、せめてこういう重要語は間違えずに頼むわ。

277 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:43:18.81 ID:+84I57H1
>>275
>>脳死患者に死亡判定を出したキミなら リーブは首から下が死んでいる状態になるはずだけど
意味がわからんw

脳死とリーブは首から下が死んでいる状態がどう絡むのか^^;

278 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:43:43.15 ID:+84I57H1
>>276
おいおいwマジレスで言われても困るがなw

279 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:44:05.70 ID:5IzYlpCt
なんせ^^;言葉の^^;定義が^^;みんな^^;自分勝手な^^;解釈で^^;
ファジーなんで^^;議論になりませんね^^^^

280 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:44:55.66 ID:IBjpbnm4
>>277
リーブの首から下は完全に(ほぼ)脳から切り離された状態
つまり首から下は脳死状態の患者と変わらない、って言ってるんだけど

281 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:45:26.05 ID:IBjpbnm4
完全にほぼ、ってのもなんか恥ずかしいね
ほぼ、をナシにしてくれ

282 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:46:39.27 ID:+84I57H1
>>280
なんか勘違いしてね?
動かないから脳死と直結してるわけ?w
おいおい><世界のタケシが顔面半分脳死してたことになるわけか?

283 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:49:24.26 ID:+84I57H1
俺はあくまで脳波がなくなって脳死することが人間の死と定義と言ったわけで
脳死状態に近いからそこの部分だけ死んでるとか言われてもそら筋がとおらないだろww

284 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:49:41.01 ID:IBjpbnm4
>>282
なんかズレてきているな
俺は首だけが生きている状態、の例を出しているんだけど
とはいえクビを切り離したら死ぬから、首から下が死亡している状態の例を出しているだけだ
動かない=脳死じゃなくて、「この状態なら首から下は脳死患者のそれと変わりませんね」って言ってるんだ



285 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:49:54.28 ID:SREKa7aF
死んだら天国に行くよ

286 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:51:25.02 ID:+84I57H1
>>284
>>この状態なら首から下は脳死患者のそれと変わりませんね
だからちがうってwwww
お前は手の動かなくなったかよわい女性に「この手は死体とおなじですね」と言えるんだw

287 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:51:30.27 ID:UUNQbK/y
>>285
たまに地獄行くから気をつけれ
ま、禊終われば上へ上がるがな

288 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:51:31.86 ID:+h7syywd
こればっかりは死んでみない事にはわからんな

でも死んでもわからんかもしれんなw

289 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:54:11.97 ID:ErANjjvH
既に死後の世界の話しより、人間の定義の方が興味深いなぁ

290 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:54:15.77 ID:IBjpbnm4
>>286
「かよわい女性」がなんの関係が?
面と向かっていえるかと聞かれたら言えないが、その例なら「死んでいる手」だろ



291 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:56:36.41 ID:+84I57H1
半身不随を死んでると言えるお前はすごいよww

292 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:58:09.96 ID:IBjpbnm4
>>291
俺がすごいかどうかじゃないだろ
血が通わなくなって生命活動ができない状態を「死」というなら
これはその部位が死んでいるということになる
で、最初にもどって「頭だけが生きている、脳だけが生きている状態になったら〜〜〜」って話になるわけだ

293 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:58:52.96 ID:+84I57H1
>>292
血は通ってるだろwww
なんで動かなくなる=血が通ってないなんだ?ww

294 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:59:11.49 ID:+84I57H1
お前の言ってる事こそ壊死なんだぞ^^

295 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 21:59:45.88 ID:IBjpbnm4
>>292
じゃ そこは削除してくれ
生命活動のできない部位は死んでいる、で頼むわ

296 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:00:14.99 ID:aBEY3vpD
俺が死んだ時は忘れられた時さ

297 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:00:42.68 ID:+84I57H1
>>295
ごめ^^;どこを削除すればいいのやら
できればもう一度自分の言いたい事をまとめてくれんかの
助かる

298 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:01:20.55 ID:TLK6HFgI
ピースメーカーって銃の名前だよな

299 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:01:32.62 ID:IBjpbnm4
>>291
俺がすごいかどうかじゃないだろ
生命活動ができない状態を「死」というなら これはその部位が死んでいるということになる
で、最初にもどって「頭だけが生きている、脳だけが生きている状態になったら〜〜〜」って話になるわけだ
「脳以外が死ぬ」仮にそんな病気があったとしたら医学的にはどうなのか、って話だよ

300 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:04:31.37 ID:+84I57H1
>>298
コルト社だっけか
映画みてあこがれたなぁ

301 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:05:35.82 ID:+84I57H1
>>299
そこを削除すればいいのか?

302 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:07:46.58 ID:IBjpbnm4
俺はマジメに話をしてるんだが オマエは喧嘩を売っているようだな


「脳以外が死ぬ」"仮にそんな病気があったとしたら"医学的にはどうなのか、って話だよ
といっているのに そんな病気アリエネwwwってのは
ルーブル美術館に行けたとしたら何見たい?って質問に 貧乏人がいけるわけねえってのと一緒じゃないのか

303 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:09:46.32 ID:+84I57H1
>>302
お前は医学的にを知りたかったのかってことだろw
医学的ならそれはまだ治療を続行するよ
絶望的だがなw家族の手前すてれんだろw

304 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:10:50.30 ID:IBjpbnm4
>>303
じゃ倫理的にはどうなんだ
彼はまだ人間なのか 生存してるのか

305 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:11:24.60 ID:+84I57H1
医学的に言わせると自我があろうが無かろうがそんなもん関係めぇのよ
だって定義づけできんだもんで
たとえ家族であってもな

306 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:11:49.62 ID:UUNQbK/y
>>302
腐り落ちて壊死するわけじゃないが、ロックドインという症例がある。
全身まったく動かない(かろうじてまぶたを動かせる人もいるが)。
ただし、脳波や意識は確認出来る。

これ、死んでるっては言わないだろ。

逆に意識が確認できなければ、大騒ぎになる。
脳波も確認不可能なら、脳死で死んだーって騒ぎにもなる。
身体が無事でもだ。

何が基準にされてるかは、けっこう明確だと思うがな。


で、オマケ。
脳がすべてを決めるなら、心臓移植での報告はあり得ないってことになる。
つまり、そんな簡単に言えるもんじゃないってことだよ。

307 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:12:25.63 ID:+84I57H1
>>304
だからそれは各々の倫理感で違うだろww
倫理って何もすべて定義づけで決まってる尺度じゃないんだぞw
至る症状でもまた変わってくるし、背景や環境でもまた違ってくるわけだ

308 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:14:53.07 ID:IBjpbnm4
>>305
ありがとう ものすごい参考になったよ
やはり脳、脳波、意識の有無こそが人間の生存・存在の判定なんだねえ
じゃ俺の例でいうなら「まだ生きてるし、まだ人間」なんだねえ ありがとう


309 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:16:40.95 ID:IBjpbnm4
>>308>>306にレスね

310 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:18:04.55 ID:+84I57H1
>>308
今の医学ならなw
っつかそもそもそんな話してないだろ
そういう医学だからこそ自我まで及んだ処置はしてないし
それが必ず正しいことでもないわけで

報告書には人間となってるだろうが
院内では誰も人間と見ないだろうね
それが現実よ

311 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:20:22.81 ID:l9AwR52l
ところで、脳細胞と全く同じ機能をする小さな機械があって、それを脳の活動にまったく影響を与えずに脳細胞と入れ替えることが出来たとして、
Aさんの脳細胞のうち1つをその機械と入れ替えたらその人はAさんなんだろうか。
脳細胞の半分が機械と入れ替わったら?あるいは全部入れ替えたら?

脳なんてのは意識の判定には関係ねーと俺は思うけどな。

312 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:20:59.40 ID:IBjpbnm4
そうでもないよ
脳以外死んだといえる状況になってもまだ「生存してる人間」って判定が出されて
脳以外は生きていても脳死してたら「死体」って判定が出されるってことでしょ
医学的には「脳、脳波、意識の有無が人間の本体」ってことなんじゃないの?

313 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:21:23.21 ID:UUNQbK/y
>>308
俺にかな?

とりあえず、いろんな症例を調べてみることを勧めるよ。
それだけでけっこう、分かることはあるもんだ。

脳死や移植、この辺の世界じゃ思いもよらなかったことが、現実に起きて騒ぎになってる。
人格や嗜好が変わったり、完全に脳死と判定された人が、なんの後遺症もなく退院してみたり。

かつて脳科学の権威なんて言われてた博士は、脳を解明すれば全て分かる、そう言ってた。
が、晩年になって、その説に自分で疑問を投げかけてた。

要するに、人は何も分かってないのさ。

314 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:21:29.13 ID:+84I57H1
また架空の妄想で繰り広げられるのかww
そうなったらなったで倫理が見直されて
最初のオリジナルがAさんになるんじゃね?w

315 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:22:23.94 ID:+84I57H1
>>312
人間の本体ってなんだよww
今の医学で絶望から復帰できるギリギリのボーダーラインなだけだろw


316 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:23:44.68 ID:+84I57H1
ID:IBjpbnm4 は前世じゃ
心臓が止まったら死亡判定でるから
心臓が人間の本体じゃね?

とか言ってるんだろうなぁあああw

317 :1:2006/12/22(金) 22:23:45.70 ID:2Zs/+ex+
うむ、ネ実民ならこういう展開をしてくれると期待してた。
宇宙スレとか何気に好きだったよw

生きている
生きてはいるが意識がない
死んでいる

人間が死体だと判断するのは定義とかの関係もあるだろうし、
掲示板だと勘違いやレスが遠くになっちゃうのもあって難しいね。
自分は上の3つで生死を見てる。
下の2つは稀の稀だけどにゃ。

318 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:24:19.07 ID:IBjpbnm4
>>314
オマエはその仮定の話全部頭からバカにすんの辞めろよ
たしかにsf風味の話に辟易するのはわかるけどね
もし〜ならどうなんだ、って疑問をバカにされたら議論も会話もできんよ

319 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:25:23.56 ID:+84I57H1
>>318
だからそのSFチックな話題を切り下げるのも良いが
現代の情勢をそのまま持ち込むなよww
そうなったらなったで他もいろいろ変化してるっていう妄想がこないものかとw

320 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:26:35.90 ID:5IzYlpCt
もし誰も死なない世界だったら天国とかどうなるの^^^^

321 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:26:52.10 ID:+8FNMz7l
死ぬと霊魂になるよ、その後霊界へいく
霊界は想念の世界何でも思い通り、まぁ下のほうの世界にいくと大変だけどね

322 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:26:58.66 ID:vyILIkxa
デシャヴ今日久しぶりにみたぜーあれってなんなんだろうね

323 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:27:03.30 ID:+84I57H1
>>320
そしたら最初から天国にいる人がうまぁだしょ><

324 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:27:53.39 ID:UUNQbK/y
>>318
つかさ、ややこしくしすぎなんだよw

仮定の話として。
さて、ここに死体がある。
脳のどこの部位に電気を通せばどうなるか、全て分かっている。
心臓はもちろん動かせる(実際ペースメーカー等でやってるし)。
肺は呼吸器使えばOKだよな。
筋肉も、電気刺激で動かせるようになってきてる。

で、これを自在に動かせたとして。
これは元の人が生き返った、と言うのかどうか。
これで十分だろ。


325 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:28:04.46 ID:NnfI2Zzj
誰も死なない国=死者の国っつー解釈のお話はそこそこあるよな。

326 :1:2006/12/22(金) 22:28:52.93 ID:2Zs/+ex+
最終的に天国にいくのはあたしだしw

327 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:29:00.84 ID:+8FNMz7l
そもそも死者の世界は地球と比べ物にならないくらい広いからいくら魂が集まろうと
人大杉にはならんよ

328 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:30:26.21 ID:+84I57H1
>>324
わかりやすいな
AさんとかBさんとかたくさん人物出て来ないのが良い
もちろん言わないだろうな
それは現状の医学でも

329 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:30:27.44 ID:IBjpbnm4
>>324
そうだねスマン その通りだ


330 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:31:23.45 ID:UUNQbK/y
>>323
別に関係ないと思うぞ?
向こうは人が増えると食料の分け前が減るとか、そういうことないから。
むしろ、気の合う仲間が多いほうが楽しいんだがなー


>>327
あそこ、広いっつーより、測れる広さ超えてると思う。
幾重にも重なり合ってるし。

331 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:31:25.67 ID:5IzYlpCt
>>321
そお?^^;この世も^^;マジ^^;思い通りですよお^^;
オレ^^;【ファンタジーアース】で^^;敵に^^;雷で^^;攻撃しようと思ったのに^^;
すぐ^^;ウォーリアーが襲ってきてさあ^^;一撃で^^;300ダメージですよ?^^;
はあ^^;思い通りにならないなあ^^;と^^;そう思ったときのことです!!!^^;
なんと!^^;思い通りになったんですよ!^^^^^
【思い通りにならないな】と^^;思ったことが^^;思い通りだったんですよおおお^^^^^
すげー^^;マジすげー^^;やっぱ^^;jこの世は^^;思い通りになるんだよな^^;結局は^^;

332 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:32:01.62 ID:+84I57H1
>>330
だっておにゃのこいっぱいのハーレムを独り占めできるわけで
うまぁだとおもうんだぜ?

333 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:32:10.40 ID:e5DSBVlY
>>322
あれは記憶のスリップ現象らしいよ
つまり、今まさに見てる景色を過去の記憶だと脳が感違いする事で起こるらしい

334 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:34:57.45 ID:UUNQbK/y
>>330
えーとその、なんでそういう発想になるんだ??
いやマジで。ちとワカンネ。

おにゃのこいっぱいって、向こうの連中も好き嫌いあるし。
人形みたいのでいいなら山ほど出せるだろうけど、それ、別に限界ないし。
誰が幾ら出しても無問題だから、先も後もない。

335 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:35:24.19 ID:+84I57H1
自演乙

336 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:37:00.05 ID:+84I57H1
>>334
あんたにわかりやすくいうと優越感ってのが肝なんだ
みんながハーレムじゃ優越感にも浸れん
下界を見下ろして自分だけが優越に浸るこれぞ
キングオブ天界じゃね?

337 :333:2006/12/22(金) 22:38:16.74 ID:e5DSBVlY
今まさに見てる景色 → 一瞬前に記憶した景色、ね

338 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:38:28.07 ID:+Hfaf48J
俺昨日死んだよ

いま天国で2chしてる。
なにか質問は?

339 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:39:05.83 ID:+84I57H1
>>338
「どこで自我がなくなったのかなぁ?

340 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:39:19.38 ID:+8FNMz7l
スピリチュアルカウンセラーとか本当に魂は見えているんだろうか

341 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:39:57.83 ID:+Hfaf48J
自我あるよ。

ないのは左足の小指だけかな

342 :1:2006/12/22(金) 22:40:31.90 ID:2Zs/+ex+
>>>333
いいこと聞いた。

こういうスレもいいけど、同じようなこと疑問に思った学者とかいないのか、
だったらそっちの本でも読んでみたいものだ。
また哲学が深まるかもyo。

人権にひっかかるけど、
アインシュタインとスーパーな身体能力を持つ奴を
無限増殖(精子バンクとかで)させたら、
宇宙開発とか、そういう事が早く研究されそうだよね!

運動部門ルーニー、ドログバ、ロナウジーニョ、アドリアノ、カンナバロ、
ブッフォン、イチロー、グジョンセン、ピーター・アーツ
レイセフォー、グラウベ・フェイトーザ、あけぼの、むさしw
頭脳部門アインシュタイン、スティーブン・ジェラードの統率力


343 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:40:35.42 ID:+84I57H1
まぁ揺ぎ無い自信があれば無いものも見えてくるからな
自負心というのは凄いもんだ
実は昔俺も夜中おきて闇の中におばけみたんよ^^;
今おもうと恥ずかしいwありえないっつの

344 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:41:27.15 ID:UUNQbK/y
>>336
ん〜、向こうって基本、「誰でも思ったとおりになる」のが原則だから。
出し抜いたり優越感浸ろうとするだけ、たぶんムダ。
取り合いゼロ。
あいつのあれいいなーって思うと、ぽんっと出せると思っといて。

345 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:42:02.76 ID:aIA0bWkh
そんな事よりさっき電車に乗ってたんだけど、ホームに、なんか柱をバチバチ叩いてるスーツ着た奴がいたんだ。
なんだこいつ・・・と思ってたら、よく聞くと思い詰めたような表情で何か言ってるんだ。
あー上司の愚痴かな、サラリーマンは大変だなぁと思ってたら


i can fly(アイキャンフライ)


って口走ってたんだ。
電車がホームに入ってきて、もしやこいつ・・・と思って離れたんだが、普通に乗り込んだ。
でも車内でも吊り革ガンガン引っ張りながら


i can fly(アイキャンフライ)
i can complete(アイキャンコンプリート)


ってずっと言ってたんだ。
誰か、彼に羽を与えてあげてくれないか?

346 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:43:20.01 ID:+84I57H1
>>344
だからもし誰も死なない世界だったときに
そういう優越感を覚えるンだって><
まだそれを知らないだけ
エデンの実の成分は優越感で80l〆てるンだぜ?

347 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:43:56.13 ID:+Hfaf48J
かなしばり、あれ夢らしいな
限りなくリアルに近い夢。

だから実際に経験したかのように錯覚する。
当然夢だから恐怖の対象が見えてしまう。

んで一歩上言ってるやつはかなしばりが夢だと悟り
その状態で動くことができる。(夢だから当然動ける。脳が理解していたら)
これが俗に言われている幽体離脱。ただの夢だ。でも脳は現実だと思っている

わかるな?この状態じゃ何やっても許される。
しかも脳内麻薬大量に出ている状態だから、やばい。

348 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:45:52.32 ID:UUNQbK/y
>>346
あ、やっとなんか分かった。

でもみんな死ぬから、現実味はないや。
ゴメンよw

349 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:46:44.03 ID:+h7syywd
金縛りって幽体離脱だったのか

最近はないが前はよくあって
慣れてくると体動かしてる間隔あったんだが
知らぬ間に幽体離脱してたのかw

350 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:47:04.48 ID:+84I57H1
>>347
俺も金縛りよくなるぜ
意識がすこぉぉおしだけ目覚めて体が眠った状態なわけ
まぁ砕いて言うと夢の1つだな
でだ俺も金縛りなったときまた来たなと自覚できる
でもやっぱ動けないのは怖いンだ
じゃどうする?意識なんか飛ばせないぞw
動こうとするんだ
でもなかなか動けない
でだ、俺はいつも心で1・2・3と数えて声を張り上げんばかりの気力で反転して起きるんだ罠
でも隣で寝てた彼女はそれみてうなされて寝返っただけとのことw

まぁ言いたいのは隣に添い寝してくれる人がいるってことだわな


351 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:47:07.72 ID:NnfI2Zzj
>>347
自己催眠を極めれば金縛りも幽体離脱も思いのままらすぃ。(ネタ元は昔買った自己催眠の本w)
こーゆー話を聞くと、この世の心霊体験の大半は気のせいと思い込みで出来ていると確信できるね。

352 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:47:56.07 ID:+8FNMz7l
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/goannai.htm
何かここのサイトに書いてあることって説得力あって納得してしまう・・・・


353 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:48:37.14 ID:+Hfaf48J
金縛り中(リアルな夢)中にえろいことするとまじで気持ちいいww

お前ら暇だったらやってみww

354 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:48:46.25 ID:+84I57H1
まぁ創○学会も説得力あるからあれだけ人数もいるわけでw

355 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:49:33.55 ID:+84I57H1
>>353
それ金縛りじゃなくて夢を夢だと自覚できる
自覚夢なだけじゃね?w

356 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:49:46.09 ID:WdC66tBG
自分は人間だと認識してることと、他人から人間として認識されていること
この二つがあって、初めて人間が成立してんじゃねーかな
そういや昔PSのゲームにデバイスレインってのがあったんだが、
近いこと言ってた気がする。

357 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:50:38.09 ID:+Hfaf48J
>>352
山本さんwwww

358 :1:2006/12/22(金) 22:51:10.00 ID:2Zs/+ex+
>>350
しね!1行でまとめろ!


359 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:51:25.25 ID:0+dLlZY2
ところで^^;をやたら使ってるやつは同一人物か?
ひまじんだな



360 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:53:16.06 ID:+Hfaf48J
>>355
いや。金縛りは夢

目が開いて見渡せることができるというけど、
実際は目を閉じてて、夢を見ている状態にある。
あまりにリアルすぎて夢だと気がつかないだけ。

361 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:53:40.92 ID:0+dLlZY2
人からうらまれたりせず、悪いことしてなければ普通の世界へいけるよ
悪いことたくさんしてたら地獄いって、転生が500年以上あとになったりする

おれが学んだことはそんな感じだ

あと前世で異性問題のひどかったやつはブスになるらしいな

362 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:55:11.09 ID:+84I57H1
>>360
>>350を見ろw
俺がちゃんと夢いうとる
幽体離脱とかそんなもんでもないから目をしっかり見開いて最後まで読め

363 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:56:53.08 ID:UUNQbK/y
>>362
起きてる、とも言わんか?
どっちでもいいっちゃいいんだけどさ。

俺はしばらく面白がってたが、そのうちめんどくさくなって寝た。
友達に言ったら唖然とされた。
普通恐くて寝られないらしい。

364 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:58:31.73 ID:2nssrf8/
>>354 層化はな
がん患者とかもターゲットにすんだよ。

365 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:58:45.75 ID:+84I57H1
>>363
だから意識が目覚めた感じになってるから
自分では起きてると思い込んでるンだってばw
普通は怖くなるぜ
怖い夢みるのとおんなじ感じでな

366 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 22:59:23.34 ID:IlM1lrTe
転生とかあの世とかありませんから。
そういうのは、昔の死ぬのが恐いエライ人が考えた嘘っぱちなんだ。
みんな死んで無になるのが恐い。
だから宗教は金になるんだな。

367 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:00:04.30 ID:NnfI2Zzj
>>365
すまんが何が言いたいのかわからん。
起きてるのか、夢を見ているのかハッキリしてくれw

368 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:01:03.96 ID:+84I57H1
>>367
それは目が覚めてから夢だと自覚できるもんなのなw
もちろん金縛りを知っててこれがそうかと思えるなら
金縛り中に夢だと思うこともできるが

369 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:04:23.57 ID:UUNQbK/y
身体が動かないって、普通はそんなに恐いことなのか。
知らんかった。

370 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:05:15.77 ID:5IzYlpCt
>>361
ところで^^;その^^;学んだ^^;学問の^^;根拠は^^;
どこにあるのでしょうかあ^^;観測した^^;検証の^^;結果が欲しいですねえ^^;
それが^^;ないと^^;やはり^^;こう^^;【作り話】といいますか^^;ええ^^;
詐欺まがいですね?^^;その点^^;状況など^^;詳しくお願いします^^^

371 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:05:34.55 ID:ECf+fphK
おまえらが死んだら、俺のスタンドにしてやる

372 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:06:28.76 ID:+84I57H1
>>369
それだけじゃなくて
これから怖いことが起きるぅ〜みたいな感覚あるんよw
あの貞子の登場シーンは人為的だが見てて怖いっしょ?
あんな感じw

373 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:07:14.50 ID:IZoy1JQW
こればっかりは一生FA出ないだろうな

374 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:08:06.63 ID:+84I57H1
まじ?w
っつかUFO信じるより難しいとおもうが…
死後の世界なんて

375 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:08:44.12 ID:5IzYlpCt
運動神経だけ^^;覚醒しない状態?^^;あれは^^;マジ^^;きつい^^;
なんか^^;知らないけど^^;息が^^;できないんですよ^^;苦しいの^^;とにかく^^;苦しい^^;
そんで^^;助けを^^;呼ぼうと^^;声を^^;出そうと^^;思うんですがあ^^;
ヴヴヴあ”あ”あ”のような^^;感じで^^;でないんだよな^^;結局は^^;

376 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:13:52.30 ID:+84I57H1
>>375
そそそw
今度あったときに俺と同じようにやってみ
1・2・3でがばっと腕を起こして反転するんだ
足がしびれてきたときのそれに近いが頑張るんだ

377 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:15:29.21 ID:UUNQbK/y
>>372
ゴメン、貞子恐くねぇw
家族が恐がってるとこで、指差して笑ってしまった。
どっちかってと自殺の名所とかの方が、知らずに通ってもぞぞっと来る。
やっべー、って感じ。

ところで、テレポートと幽霊の出たり消えたりとUFOのワープはみんな一緒とか、そんな話はどぉ?

378 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:17:16.11 ID:5IzYlpCt
文明人ならさあ^^;検証できない^^;【たぶんそうだろうな】という^^;仮定の話を^^;
信じては^^;いけませんねこれ^^;ダメでしょう^^;ええ^^;ファンタジーでしょう^^;
やはり^^;証拠がありませんと^^;ですんで^^;ここで^^;語られている^^;
内容の^^;ほぼ^^;全てが^^;疑わしい^^;ということなんだよな^^;
そうやって^^;人は^^;理解を^^;深めていくわけです^^;ですんで^^;疑うこと^^;
とにかく^^;終始^^;疑い続けることが^^;重要ですね^^^^
そうしないと^^;【アレキサンドリア図書館】を^^;ぶち壊してしまような^^;暴挙が^^;
起きてしまうんですよねえ^^;もし^^;あの^^;図書館が^^;破壊されず^^;
知識が^^;子孫に^^;伝承されていれば^^;いまごろ^^;地球人は^^;宇宙で^^;
生活していた^^;とさえ^^;言われていますし^^;1000年は^^;遅れを取ったわけです^^;
一部の^^;カルト信者が^^;科学を^^;否定したばっかりにさあ^^;まいったなこりゃ^^;

379 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:19:10.89 ID:Pgxelhr6
>>378
そろそろ汗臭いんで汗拭いてもらえますか?

380 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:19:49.56 ID:+84I57H1
>>377
こう考えれはしないか?
つまり都合の悪い事象はおなじように片付けられる

381 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:20:53.53 ID:5IzYlpCt
>>379
あれ^^;某教団の人?^^;
疑うことが大切ですよ?^^;信じるよりも^^;まずは^^;疑うこと^^;
そして^^;少しずつ^^;検証を重ねて^^;疑いを^^;晴らしていく^^;それが^^;知識ですよお^^;

382 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:30:40.14 ID:5djAbbes
それ汗じゃなくて精子だよ

383 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:31:05.84 ID:UUNQbK/y
疑うのはいいがさー、否定は非科学的だと思うぞ。
現状グレーゾーン、これでいいと思うんだがな。
いつか分かるさ。そう遠くない。


>>380
いや単に、色々言われてることって言うのは、実は根は同じだろ〜?と。
エルドリッジ号とか、面白いよな。

384 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:34:13.40 ID:+84I57H1
ここ見てる人でほんきで死後の世界やらを信じてやまない奴おるんかまずそこが知りたい
神を信じるよりも難しいと思うんだけど…w
まぁ宗教自体が人類の偉大なる発明品だからな

385 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:41:48.21 ID:UUNQbK/y
>>384


信じてるとかじゃなくて、俺にとってはただの日常風景かな。
ただ信じられないって意見はよーく分かるから、それはそれで問題ないと思う。
平行線でいいじゃまいか。

自分でも電波なのは自覚してるw
自覚あるうちは、まーだいじょぶだろ。

386 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:43:48.33 ID:+Hfaf48J
金縛りの時はもう夢を見ている最中だよ

睡眠している人間を意図的に金縛りにしてみるって実験があって
被験者の多くは「幽霊を見た」とか「ベッドから抜け出た」とか「体が動かず、必死にもがいた」
と証言したけど、カメラには幽霊どころか被験者が驚いたり体を動かす様子さえ写ってなくひたすら静かに寝ていただけだった。

387 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:44:52.16 ID:+Hfaf48J
大体脳がないのに思考できるわけがない。

自分を自分と自覚できるのは記憶という”情報”があるから

情報がなかったらそれはもう存在していない

388 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:46:01.99 ID:+84I57H1
>>386
だから誰も起きてるなんて言ってないだろw
実質寝てるが意識が起きてるように思い込んでるだけなんだよ
だから目だけ開いて周りみてたとか声が出ないとかになるわけ

389 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:47:18.51 ID:+84I57H1
あと意図的に金縛りじゃなくて
金縛りかかる被験者をあつめてモニターしただけっしょw

390 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:47:50.29 ID:TLK6HFgI
>>385
自覚しててもやばいのは変わらない

391 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:49:51.47 ID:6ypq339E
>>6でFAだろうな。難しく考え過ぎ。事故な何かで心臓や脳の活動停止した状態で仮死。そこから蘇生できないと死。本人は寝てるときと変わらん。人間を仮死状態のまま冷凍保存とかして何年か後に蘇生させることも可能らしいがどこかに障害がでるらしい。

392 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:50:30.33 ID:2nssrf8/
ま、今は科学的に考えて意識なくして消えるだけだとかなんでもなく言えても
実際不治の病にかかったりして死が間近に迫ると殆どの奴が変わるんじゃねの。


393 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:50:34.42 ID:+Hfaf48J
>>389
あんたと話してると疲れるな。

394 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:51:09.89 ID:+84I57H1
>>393
つっこみどころありすぎるんだってw

395 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:52:06.00 ID:+84I57H1
>>392
まぁそうだろうね
誰でも死にたくはないし出来れば生きていたい気持ちは0にはならないからな

396 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:53:59.46 ID:UUNQbK/y
>>387
面白い話を。

脳の一部を損傷したため、記憶が出来なくなった人がいた。
記憶がどんどん消えてくから、翌日には前日のことが思い出せない。何も覚えてない。
このため思い出なんかも、損傷以前のものしかない。
しかも幼少時だったため、ないに等しい。

この子に、オーロラを見せた。
小さい頃にTVででも見たのか、オーロラが見たいと言っていたから。

不思議なことにこの人は、「昨日オーロラを見た」ということは、翌日覚えていた。
壊れた脳のどこで覚えたんだろう。

397 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:56:31.97 ID:+Hfaf48J
>>396
ああ。脳が半分ないのに普通に生活してる人とか
臓器移植された人が移植元の記憶を何故かもっているとかどっかでみたな。

後者はデジャブみたいなものかもわからんが、脳はかなり高性能だな

398 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:56:50.76 ID:QZ4U/ucy
マジレスすると
同じ人生を何度も繰り返してる。
だからデジャブが起こる。

宇宙の誕生から地球(宇宙)の終わりまでずっ〜とエンドレス

100歳まで生きる人も0歳で死ぬひとも同じ人生をエンドレス。

もがくな

399 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:57:16.97 ID:KFJ3cpmv
 ∧_∧
 ( ・ω・)=つ≡つ >>1?ボッコボコにしてやんよ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪

400 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:57:46.07 ID:+84I57H1
>>398
創価はかえれよwww


401 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:58:15.18 ID:+Hfaf48J
>>398
精子とかどうなるんだよww

402 :既にその名前は使われています:2006/12/22(金) 23:59:03.60 ID:IlM1lrTe
>>396
細胞もある程度なら記憶出来ると聞いた。
文字通り、体が覚えたんじゃね?

403 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:08:39.02 ID:4mfU4Hly
会話が成立するって事は
少なくとも言語に関する部分はしっかり記憶できるんだよな。

つまり「オーロラを見たい」という強い欲求と
「念願のオーロラを見た」という強い感動は普通の
「リンゴを食べた」のような「出来事」を記憶する
以外の部分にも記憶されるということなんじゃないか?

404 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:08:52.84 ID:p3ccvv2H
予定説というものがあってだな
一神教ではカミサマに救われるか救われないかは生まれたときから決まってるから
信じようが信じまいがなに祈ろうが善行働こうが悪行重ねようが
なにも変わらないんだってだから好きなように生きてもそれが運命なんだって。
そしてその考え方の延長上に資本主義もあるらしい。

405 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:10:45.57 ID:7gmMe35M
俺セックルした記憶がないんだが…

406 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:11:20.74 ID:b/IG3tS/
>>405
そら相手いないと出来ないぉ^^;

407 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:12:44.87 ID:g3e9Onni
>>403
言語自体は、幼少時に確立したんだと思う。
新しい言葉はムリじゃないかな。

会話が成立するのに関しては、数時間くらいなら覚えてるからだそうだ。
だから、今話してたことに関しては、ちゃんと返せる。
ただ翌日になると、そんな話をしたことは忘れてしまう。

人間って不思議だよな。
知らないはずの他人の記憶を、移植したらもらっちゃったりするし。

とりあえず、脳が何もかも全てって意見に対しては、この辺見ると「どうかなー?」って思う。

408 :398:2006/12/23(土) 00:24:33.69 ID:mFVAAp+G
>>400
えwこれ創価の教えなの?wwwww
知らんかったwwww
てかこれ知ってるお前が創価なんじゃないの?wwwwww

>>401
精子もエンドレスwwwww

409 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:27:58.69 ID:h23TcpTc
>>407
情報があっても処理できないんだよな。
仮にどこかの細胞が記憶を持っていたとしても
脳がなければ処理できないな。

ゴッキーは脳なくても動くらしいがw

410 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:30:34.69 ID:OxH5Vml/
死んだらどうなるのか
それを知るために
みんな生きてる

411 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:32:57.04 ID:4mfU4Hly
虫はちょっと違うけどね。
体の各部に脳が散らばってる感じ。

まぁ人間にもそれに似たように
発達した神経がある、と考えられなくもないけど。

412 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:36:46.89 ID:MfGP8RnY
死が無ければ生を実感する事も無く
生が無ければ死を実感する事も無い

413 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:47:25.79 ID:bXtGeCx5
繰り返すとか謎過ぎるよなw
そいつ一人のためにもうひとつ世界が出来上がるのか
それとも時間が戻るのか

デジャブは記憶に残らなかった夢を思い出しただけだと思う

414 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 00:59:26.08 ID:p3ccvv2H
平行世界は無限にあるんだってさ
たとえば喪前の髭が1.5mmの世界と1.501mmの
世界が同時に存在するっぽいというぐらい
微比たる違いでも別世界なんだなうん。

415 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 01:04:00.87 ID:bXtGeCx5
じゃあ平行世界間を移動できるってことなのか?

416 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 01:26:19.08 ID:yO/OtDvn
悲しいけど、俺この件に関しては>>^^;に同意せざるを得ない。
言っとくけど思想の話じゃなく、スタンスに関してだけどな。

だれそれが言ってた、とかどこかに書いてたとかじゃなくて、自分で考えて実験するってことな
真に科学的で人間的。
やっぱり死後の世界信じてる人よりも、死後の世界を考えてる人と話したいわな。

417 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 02:47:53.72 ID:YLxsfV5l
>>396
記憶できなくなるって自分の一部が死んでるとも解釈できるな…

418 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 03:34:05.04 ID:VRFecsnk
デジャヴは前世とかは関係ないからどうでもいいんだが

普通に考えて死がきたら全てが無になる。
一般的に「魂」と呼ばれる無形の「自我」のような「存在」がまさに無になる。
攻殻機動隊ではこれを「ゴースト」と呼び、非常にうまく取り扱っている。

よく幽体離脱や前世の記憶などのオカルト話があるが、実際どうなのかは証拠がない。
事実を証明できないし、事実ではないことも証明できない。
だが、事実を証明できないということは、事実ではないという証明になると考えることもある。
寝ている状態は自立して夢みたり休息してるので、まったく別物だろう。
結論をいうと、「わからない」
その答えを知れるのは、死んだときだけだ。死んでからのお楽しみ。

419 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 03:45:12.71 ID:bXtGeCx5
夢って現実と見分けつかないときあるよな

晩飯が寿司だって言う夢見たとき
晩になるまでずっと寿司だと期待してたよw
頭悪いせいかもしれないがなw

420 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 05:23:26.96 ID:QR4LlSna
>>391
死に至る「意識不明」は客観的に見ると寝ている状態と同じかもしれないが本人からすれば別物だ。
目は開かず体は全く動かず呼吸すら出来ずぱっと見意識不明なんだろうが、痛苦しい感覚もあるし
自分の体に何をされているのかも解るし、回りが慌てた声で周りが喋っているのも解る。
心肺蘇生なんかな?胸に感覚を空けながら耐え難い激痛が走るがやがてそれが止まる。
医者だと思うが死亡時刻であろう時間を喋ってる中、誰かが手を握ってるし泣き声が聞こえる。
何故か死にたくないという感覚が無くなり、泣き声に対する情も湧かず不思議な気分だった。
痛苦しい感覚にも慣れ周りの音を聞いていたが不意にその音がぶつりと途切れた。
続けて手を握られている感触が消え始めもう周りで何をしているのか完全に解らない。
気が着けば痛苦しかった感覚も消え、当たり前に存在する為に解らなかったであろう体の感覚が消えていく。
足が、手が、今のは腸か?、これは解らない、あー心臓だ?、2個だから肺だ…
残すは頭か?と思った途端に何処が消えてるのか考えることすら出来なくなり終わりだと思った。

421 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 05:32:31.68 ID:GFFx2V7H
体の細胞が一個死んだところで>1自身(思考や意志)は変わらんだろ。
>1が死んだところで地球全体は変わらないし、
地球が無くなった所で宇宙は変わらん。
宇宙が無くなっても想像のつかないような[大きな流れ]は変わらんのだよ。

死んだら、[大きな流れ]の一部になるだけだ。とじっちゃんがいってた

422 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 05:46:24.42 ID:QR4LlSna
が、次の瞬間消えたまた考えることが出来る様になり消えた体の感触が凄まじい早さで戻る。
急に死の恐怖、別れの悲しさが戻り泣きたい感情が込み上げるが涙は出ない。
続けて痛苦しい感覚が戻るが息が出来ずその苦しさで悶えたいところだが体が動かない。
不自然ではあるが心臓が再び動く感触が解り次第に息苦しさは消えていった。
痛みだけは相変わらずだがふと体に布か何かが当たる感触があり感覚が戻ったと解る。
誰かが手を掴んでは離し、掴んでは離しを繰り返しているが今度は音が聞こえた。
体は相変わらず動かないから反応のしようがないが自分の名前を呼ばれていると気付く。
あれ、助かったか?と思った途端に疲労から来る眠気が押し寄せて意識不明だったんだろうが更に眠った。

どれ位時間が空いたのか解らないが目を覚ましたら昼間だったな
よく頑張ったねと見知らぬ看護婦が声を掛けてくれて改めていろいろと思い出してみた。
考えることすら出来なくなった先は解らないがあの先に死があることは間違いないと思う。
心肺停止後の搬送中に心蔵が微動した為に再び蘇生措置をし人口呼吸機付けたんだと。

423 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 05:56:10.78 ID:+DJ/ikIs
>>408
なに!オナニーしたら精子がチンコにもどってくんのか?
おかしいな・・・きちんとティッシュにくるんで捨ててるはずだが・・・

424 :ジャマー:2006/12/23(土) 06:03:58.08 ID:wtTSxHS7
死んだ後の事は死んでから考えればいいじゃんw
今を楽しく生きる事を考えればいいんだよ( ´∀`)

425 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 06:05:01.27 ID:UV5IsurV
創価の考え

人が死ぬと魂ではないがそのような物(生命の源)が
地球及び宇宙と一体化する。

例えるならば、巨大な池(宇宙)に墨汁(生命)を一滴垂らすと
墨汁の存在は見えなくなる。

しかし、墨汁の成分は池の中にきちっと含まれているのである。


426 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 06:06:10.75 ID:vbXtOnEn
そうか

427 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 06:12:32.78 ID:djBtCLy6
死んだら脳みそ死んじゃうでしょ そしたら自分を保存できないんだから本当の意味での消滅する事になるんじゃ?



てかあんま考えると眠れなくなるから止めた方が…俺小6ん時考え過ぎて鬱になりかけた

428 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 06:28:55.30 ID:ASspwlzz
生きた人間で人体実験をしたら今の科学は急激に進み
数百年かかる研究が数年または数十年で終わるだろう
人体実験が世界基準で可能になれば
難病の治療、細胞の減少または老化の防止が数年で可能であろう
クローン技術が進歩しオリジナルが死去すると
クローンに記憶を移せるようになるかもしれない。

429 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 07:38:47.15 ID:EvW0BKSf
どれがクローンか分からないから

オリジナルが消されちゃうかもね

430 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 07:52:52.54 ID:rFWX6ebB
>>428
確かそんなシュワちゃんの映画あったなぁ

431 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 08:09:57.23 ID:lU2y0TKV
寝てるときって自分の魂(?)が星に還ってるって誰かからきいたけど、頭悪い俺は意味わかんね


432 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 08:21:59.93 ID:UuidaS85
死んだら土に返るから意識なんぞは無いだろうな
記憶は肉の身に依存するものだろうし
それを栄養にして植物が生えて
それを動物が食べてって風に自分だった物は
再利用されていく
ある意味これが転生といえなくも無いような気はするがな

433 :ロリコンファンタG ◆LolicgPqU2 :2006/12/23(土) 08:27:05.25 ID:h8RRpCKr
まぁあれだ、火の鳥だとコスモゾーンへいくな。


434 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 08:35:09.50 ID:Wa6sb8VH
ん〜、記憶つっーのも結局は磁気と電気信号だろう
幽霊とかはその土地の磁場に焼き付いたものじゃないかって説もあったな

435 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 08:40:03.43 ID:cnHt74B7
>>1
マジレスすると

死人がレスできないのに答えが出るわけない^^;

436 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 08:44:40.98 ID:4mfU4Hly
>>434
「磁場に焼きつく」なんて無理やりくっつけるくらいなら
「その場の磁場が脳に幽霊を見させる」のほうがしっくりくる希ガス。

死んでからのお楽しみもアレだな。
死んで無になったらどうなったかなんてわかんないし
死後の世界で眠り続けてるかもしれない。眠り続ける、と言う場合
無になってるのと同じだと思わないか?自分自身にとって。

やっぱり俺は動物みんな超精密機械と取るのが自然だと思うんだよね。

437 :既にその名前は使われています :2006/12/23(土) 08:52:11.89 ID:3oh2lNg7
惑星メーテル行けばすべて解決

438 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 09:35:45.03 ID:j9f81+so
ハルヒちゃんが 世界ごと改変してくれるよ!

439 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 10:18:59.84 ID:zKkSh7Eh
>>1
生きてるから死ぬんだよ

440 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 10:22:01.89 ID:fH1n2ssF
生きてるかどうかなんて電気信号のなせるわざなわけで
電気そのものが命の源なんだよな
いまはまだ機械レベルだがそのうち生物すら意のままに作れるそんな時代がほら

441 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 10:26:42.37 ID:N6QOPwUx
昔子供を対象にしたアンケートで人は死んでも生き返るって答えが
3割か4割ぐらいあったような気がする

442 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 10:36:42.34 ID:fH1n2ssF
>>441
そのアンケートにどんな意味があるんだ?w
そら子供にサンタいるかとアンケートしたら8割がイエスだろう

443 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:04:21.34 ID:B5KyAxr2
>>441
昔じゃなくね?
最近の子供が死の観念を理解していない、死んでも生き返ると思っているって記事だった気がする

一つ言えるのは、死ぬ瞬間に後悔はしたくない

子供の事心配しながら死んでいく親もかわいそうだ
親は大切にしよう

444 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:05:40.51 ID:B5KyAxr2
>>442
子供って言っても、中学生とかも入ってた気がする

かなりのカルチャーショックを受けた覚えがあるよ

445 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:07:36.31 ID:fH1n2ssF
>>444
その死ってどんな状態を思い描いているんだろうな
映画とかでよくみる電気ショックや心臓マッサージで可能性がみえてるそれが多いンじゃね?
溺れて息してないのも死と捉えてるかもしれねーし
それなら時間によるがまず生き返るわな

446 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:15:43.29 ID:B5KyAxr2
>>445
いや、そういうのじゃないっぽい
要するに、「生まれ変わる為に自殺する」みたいな思考の事だったと思う

小学生の7割、中学生の5割かな?
ねーよwwwwwと思ったけど、実際そうなんだと

447 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:17:59.94 ID:fH1n2ssF
>>446
それは間違いなく病気wwww
そらショック受けるわ

448 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:19:59.99 ID:fH1n2ssF
まぁ親もバカだからおじいちゃんが死んだ時とかにも子供に現実を教えず
眠っただけだの生まれ変わるだの教えてんじゃねぇーの?
そういうときにこそ現実教えないとならないのによ

俺なんか母ちゃんに「あんたはあの暑い夏の夜、今のお父ちゃんが後ろから襲ってきてねぇ。。うんたらかんたら」
としみじみ酒飲みながら語られたんだぞっ

449 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:20:25.58 ID:1waPubjy
教会から再スタートできますがお金が半分に減ります

450 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:21:41.45 ID:B5KyAxr2
15%、3割、7割のソースがあった

「生まれ変わる」のと「生き返る」のを混同してる報告が多いけど、「生まれ変わるとは限らない」っていう事実を認識できない子供が増えたらしい

451 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:22:35.28 ID:SsI9R1eM
生き返っても生体感知で連続死だろw

452 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:22:37.19 ID:dCnz7wjQ ?2BP(0)
HPにもどるってきしゅつ?

453 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:23:28.89 ID:fH1n2ssF
「生まれ変わるとは限らない」っていう事実を認識できない
この考えもないってww
限らないではなく生まれ変わらないの><w
そやって現実逃避させるからダメなのよ

454 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:33:07.91 ID:B5KyAxr2
>>453
いや、世の中には「本能とは前世までの積み重ねられた記憶である」って研究してる人もいるくらいだし、100%否定はできないでしょ

人間は死から離れ過ぎたために、死に関する感性が歪になったんだと思うよ

特に日本人には特定の宗教もないしね
(宗教の生死観こそ、生命にとっては歪かもしれないけど)

455 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:35:08.54 ID:fH1n2ssF
本能と自我が違うンだってw
遺伝子でどう伝えられようが
AさんがAさんとして生まれ変われないから
そんな語弊あること教えちゃいかんってな

456 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:35:52.53 ID:SwmZBqXV
前世の記憶とやらをどうやって引き継いでいるのかねぇ・・・
無理でしょ。常識的に考えて。

457 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:37:10.14 ID:fH1n2ssF
>>456
その積み重ねがつまるところ進化でしょ
はっきりした人間の記憶とは別に抗体が出来たりそういう繰り返しを子孫が残していくってわけ

458 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:38:22.93 ID:JfrvKF39
ゴーストダビングすればおkちょっと劣化するらしいけど

459 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:40:11.56 ID:SwmZBqXV
>>457
言ってることはわかったが、
それって『前世』とはいわんよな。


460 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:41:06.42 ID:w85y2uJi
前世が有ったとしても、前世の記憶がほとんど無ければ
無意味

461 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:43:51.20 ID:fH1n2ssF
>>459
前世って要するに今の自分に生まれ変わる前に自分なのか?
それならその定義にははいらんねスマソ

462 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:45:05.58 ID:SwmZBqXV
>>461
前世ってそれ以外に定義があるの?
キミの考えていた所の前世っていうのを教えてください。
普通に興味があります。

463 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:46:03.33 ID:B5KyAxr2
生命や自我、意識の明確な定義すら持たない現代の科学に、それ自体の否定はできないでしょ

いや、言いたい事はわかってるんだ

ただ、はっきり言える事は「死後の事は生きてる人にはわからない」って事までで、そっから先は個人の信仰によるよ
その信仰が偏りすぎちゃいないかって話でさ

「前世の記憶を持っている」なんて人や「俺はカートコバーンの生まれ変わり」「カートは俺のために死んだ」って人もいるくらいだし

464 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:47:39.60 ID:M9cSxty6
文化的な進化のことをミームと呼ぶわけだが
生物的な進化ではない知識体系の蓄積のことをいうんだな、アンマリ知られてないけど

465 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:48:34.09 ID:fH1n2ssF
>>462
進化する過程の区分けの世代かとおもってたよw
人だって4種類あっただしょ
ホモサピエンス前の

466 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:49:41.88 ID:fH1n2ssF
>>463
だからそれは妄想や思い込みなんだろw
宗教もつまるところそういう人間の思考をうまく利用したシステムだからな
まぁ偉大なる発明品なわけだ

467 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:51:07.40 ID:SwmZBqXV
>>465
前『世代』ってことか。
OK、よくわかりましたw

468 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:53:09.07 ID:B5KyAxr2
>>464
memeだな

文化的な進化ってのだと語弊があるでしょ
ドーキンスの利己的な遺伝子によると、複製可能な文化の最低限度の単位

469 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 11:59:14.80 ID:B5KyAxr2
>>466
だが、それを妄想や思い込みと断定する術を持たないのよ

みんな頭の中では「馬鹿らしい」と思ってても、それを証明できない

ガリレオみたいな例もあるしね
人が死んだ時に、現代の科学では測定できない素子が体から放出されて、物理的に他の生命体に記憶が宿るなんて事がないとは言い切れないでしょ?

いや、ないけどさwww

470 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:01:10.29 ID:SwmZBqXV
>>469
無いもを無いと証明するのは無理だからね。
あると主張する側が明確にあるということを証明しないと『存在する』とは言えんわな。

471 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:04:43.86 ID:xDK3rTWf
>>420のいう意識不明っていうのはまだ脳が活動できてる状態だから身体的な刺激を感じるとそれに関連した夢みたいなのをみるときがある。人間に魂なんてあると思っちゃいかん。自立型のAI持った電気信号で活動するタンパク質の塊と自覚しろ。

472 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:05:57.50 ID:B5KyAxr2
>>470
悪魔の証明か

473 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:12:03.83 ID:fH1n2ssF
>>472
そうだろw
だからないんだってw

474 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:19:01.53 ID:B5KyAxr2
>>473
でも、存在の可能性自体を潰す事はできないのよ
悪魔の証明ってのは、飽くまでも論ずる事の無意味さの比喩なだけで、存在することの反証にはなり得ない

絶対ないんだけどねww

475 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:20:31.64 ID:xxSZjRJC
あれば良いと思うよな。
アインシュタインだって死んだときに
全てが無に還るとは、思いたくなかったんだろうね。
人間の力では観測出来るに至らないだろうなあ。
結局、地球に存在する一動物に過ぎない以上
越えられない一線があるんだろうな。
魂を観測・コピー出来るとしたら、それこそ人間であることの超越だと思う。

476 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:22:25.21 ID:fH1n2ssF
>>474
そら可能性を潰すことはできんよ
まして思い込んだ本人からすればそれが実際に「在る」んだからなw
だから思い込みや妄想って力はすげぇんだよ

477 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:24:51.54 ID:RgluSPm/
まず宗教は全否定な。
死んだらどうなるか?ぉぃぉぃ。
ただ単に固体が繁殖活動して増えてるだけじゃねーか。
生命の神秘とか訳の判らないもの信じてるなんて言わないよな?;
細胞が分裂過程の環境を維持してるだけだぞ?
死んだ先を都合良く想像するのは宗教家の趣味だから、想像するんだったら
趣向のあう団体を選んでチョイスしてニヤニヤしてろ。
固体の意思を持ててラッキー!と思えればその先明るいぜ?

478 :カリタルクン ◆ZSNzlDzB2g :2006/12/23(土) 12:25:09.97 ID:YD/GL64s
死ぬと思ったヤツから死んでいくもんだぜ

479 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:26:56.59 ID:fH1n2ssF
まぁ俺も宗教は全否定するが
生命のありがたみには感謝してるぉ
ありがとう太陽 ありがとう大地 イノチをありがとう

もちろん愛着わいたものには供養もするし、それが生物じゃなく物でもな
でもそれは死後の世界を信じてるわけでもなく
ただ残された自分が悦に浸れる自己満足というのは自覚してる

480 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:32:43.92 ID:B5KyAxr2
>>476
「近い未来、目に見える形で転生が行われる」という反証可能性も、アドホックな仮説もあるしね

で、ネ実で何やってんだろww

481 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:32:46.33 ID:Wa6sb8VH
いや、宗教は死後が不安になったヤシが集まってできたもんだからw
無理に否定せずとも信じてないならスルーしとけ
宗教戦争ってのは相手の信じてるものを否定するから起きるんだからな

でも、生き神崇めてるような新興宗教は逝ってよし

482 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:36:12.53 ID:B5KyAxr2
信仰ある人は、死の恐怖から解放されていいよな

俺も宗教とか転生とか死後の世界とか一切信じられないから、恐ろしくてしょうがない

だからこそ、死ぬ瞬間に「悪くなかったな」と思える人生を歩みたい

483 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:39:45.81 ID:Wa6sb8VH
俺的にはあれもしたいこれもしたいって状態で死にたいな
悔いが残るくらい濃い人生が良い

484 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:41:25.72 ID:B5KyAxr2
>>483
絶対やだ

人生に飽きて死にたい

485 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:43:35.90 ID:KTrLNCe5
溺れたりして心停止から蘇生するまでの間ってどうなってるの?寝てるの?

486 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:45:48.17 ID:fH1n2ssF
寝てるってか仮死状態な
まぁ意識ないから寝てると変わらないかw


487 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:48:54.57 ID:4TxWuPFn
寝てる状態と同じなんだろうな。脳が停止しているために夢は見ない。
再び目が覚める事があれば、こんなに時間がたってたんだと認識できるが
寝てる間はそれを認識できない。ずーっと闇、それも目が覚めなきゃ認識でいない。
死ぬってこんなとこだろうな。

488 :カリタルクン ◆ZSNzlDzB2g :2006/12/23(土) 12:51:57.84 ID:YD/GL64s
仮死状態って定義があやふやじゃね?
コールドスリープしたら生まれ変わっちゃうの?(;^ω^)

489 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:53:30.55 ID:B5KyAxr2
あーまた怖くなってきた

490 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:56:10.72 ID:rNDvmtE/
一瞬、だけど閃光のように!

491 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 12:56:14.57 ID:fH1n2ssF
>>487
そそ
だから怖がる必要もないし怖がることもできない
まさに死んだもんがち
ただ死に方によっては死に至るまで怖い場合もあるがな


492 :カリタルクン ◆ZSNzlDzB2g :2006/12/23(土) 12:59:13.33 ID:YD/GL64s
宗教って死の恐怖心を利用して金儲けするわけだから
ヤクザとかわんねーよな(;^ω^)

本人は洗脳までされて救われてるからいいんだろうけど

493 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 13:05:14.91 ID:fH1n2ssF
まぁ人の歴史は宗教と共存してきてるわけで
それをいまさら詐欺とも咎められないしなw

494 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 14:55:57.11 ID:9W0a9M7p
天国と地獄があるが
悪い事したら地獄いくって
その悪い事の基準がまずわからんしな

495 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:03:18.33 ID:nkpMGWwo
いつまで宗教なんて原始人の妄想を捨てずにいるつもりなんだろうな

金にもなるし、政治にも使えるからこの先も無くなる事はないのかなぁ
神を信じて他人を殺すなんてバカな真似を一体いつまで続けるつもりなんだろ

496 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:08:08.59 ID:7mKCz4HM
>>493
無駄に宗教なんて作るから思想の違いで戦争が増えるのにな〜
ほんと馬鹿な生き物だ宗教なんて信じる奴は

497 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:32:54.94 ID:SsI9R1eM
>ほんと馬鹿な生き物だ宗教なんて信じる奴は

気持ちは分からんでもないけど浅すぎるw

498 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:34:10.07 ID:THSzQpRV


死んだ人いる?レイズするよ??




499 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:39:16.14 ID:XssCpC1V
人間の体を左右対称まっぷたつにして、左右ともに生かした時、
魂はどっち側にいくのだろうか。

500 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:39:59.48 ID:nkpMGWwo
宗教がやってることは単なる権力の拡大
大きな群れをつくって縄張りを広げようとした旧人類とやってることは変わらない
領土として捉えるものが地面から人間に変わっただけさ

巨大な宗教は形のない国。そこから離れるのは難しいし、争いも起こる
最初に人間の在り方を説いた教粗連中は精神面での進化には絶対必要だったんだろうけど
今じゃ権力者や詐欺師のための道具でしかない

だけどそれに救われている人間も確かにいるから、これは本当に難しい問題だな
宗教がある事で起きずに済んでいる争いもあるのかもしれない
でもやっぱり俺は宗教が大嫌いだ。ヒトから自分で考える事を奪う宗教には虫酸が走る

501 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:41:13.95 ID:SsI9R1eM
その中にもデモクラシーがあるから仕方ないんだけどな

502 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:42:40.78 ID:XssCpC1V
昔、テレビでやっていたんだが、
人間は唯一、「死」という存在を知ってしまった生き物で、
その「死」への恐怖をやわらげる最高の薬は、神を想像することだと
言っていたよ。

503 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:44:10.84 ID:7mKCz4HM
>>499
ヒント:アシュラ男爵

504 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 15:54:01.33 ID:Jqf8ZHMs
>1
死ぬと幽体離脱みたいな状態になって、自分の遺体が見えるそうだよ。

まぁ、こういうのはわかるものじゃないけどね。

505 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:00:35.90 ID:BeZU8siD
ネ実にも自分で哲学していて自分の言葉を持っている人間が存在するんだな
このスレ読んでちょっと感動しちゃった

つーかこのスレ、色んなテーマが扱われてて面白いw

506 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:07:00.13 ID:jHh/uVgm
まあいくら死について深く考えた所で
1回オナニーしただけで全部どうでもよくなるんだけどな

507 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:12:42.21 ID:BeZU8siD
>>506
まあ『精子⇔生死』繋がりと言えない事もない

508 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:16:27.89 ID:HteVMQNM
>>507
誰がうまいこと(ry

509 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:17:14.35 ID:fwI5hz0r
誰がうまいこと言えと

510 :かっぱ ◆nLIxOxWMSI :2006/12/23(土) 16:18:13.40 ID:GFFx2V7H ?2BP(3)
うまれかわる

511 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:35:04.98 ID:MQjAB0p/
も し も 天国、地獄、神様、幽霊なんてものが本当にあったらどうするよ。
あったときのために生きてるうちに悪いことしないことだ。

512 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 16:45:38.50 ID:ACAraKPd
>>485
>溺れたりして心停止から蘇生するまでの間ってどうなってるの?寝てるの?

経験者の親父曰く
「何も無い。真っ暗とか感じることも無い。事故の瞬間以降の
 記憶がなく、(明確に意識が戻った)起きたときの記憶があるだけ。
 心停止もしたらしいが、あれが死んだというなら、何も無い」

らしい。

513 :1:2006/12/23(土) 17:57:04.52 ID:E9R0EKvE
>>507
506のオナニーは精子の方じゃないかもしれないじゃまいか。

手にたまった油を注射で抜くとき、俺は気を失ったよ。
何分倒れてたかわからないけど。いつのまにか意識がなくていつのまにか意識が回復したって感じ。
あーガングリオンってやつの治療。

514 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 18:23:24.93 ID:81a/9HGp
死んだら寝て夢みてない時みたくなって
そのまま無に帰すんだろうな。
臨死体験はまだ脳は死んでないから、ただ夢みてるだけだし
完全に死んだら何にもなくなるんだろうな。



515 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 18:47:09.71 ID:nkpMGWwo
だからこそ意識があり自分としての自我のある状態が奇跡のように感じる
死んだらそこでオシマイ、はい終了!って方が俺にとっては神秘的でいい

516 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 21:32:30.99 ID:h23TcpTc
気になるんだけど
もし俺の記憶を丸々他人に移したらそいつは俺になるの?


517 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 23:16:38.53 ID:HxHJWN/p
ちょっとオカルト話。

祖母が無くなった時、火葬場へ行った。俺は突然具合が悪くなって、倒れた。
祖父が無くなった時火葬場へ行った。同じように突然具合が悪くなった(前のことは具合が悪くなるまで忘れてた)。
学校が火葬場の隣にあったんだが、そこへ通うようになった途端、具合が悪くなってまともに通えなくなった。卒業したら治った。
火葬場相性悪すぎ。
オマケで、自殺者が出たとか大事故があった場所だと、知らなくても突然気持ちが悪くなる。

そして最後の祖母が亡くなった時は、クンナ言われて俺置いてかれたw
両親の葬式、どうしたらいいものやら。

518 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 23:18:47.03 ID:bXtGeCx5
火葬場臭いもんな

519 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 23:43:27.90 ID:4mfU4Hly
517はきっと普段からよく気持ち悪くなるんだな。
関連づけられるモノのみを拾ってしまうんだ。

520 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 23:44:18.31 ID:HxHJWN/p
ならねーってばw

521 :既にその名前は使われています:2006/12/23(土) 23:51:46.33 ID:SwmZBqXV
>>517
特にオカルトとは言えない気がする。

たぶん、火葬場という特殊環境で具合が悪くなって倒れるというコレまたレアな体験をした為に、
無意識に火葬場に行くと具合が悪くなるというイメージが刷り込まれてしまったんじゃないかな。

一種の催眠状態と同じ。
親類の葬式な上に火葬場みたいな特殊な場所だと精神状態も普段と異なるだろうしね。


522 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:09:46.95 ID:qouO1kkU
ざーと1から読んだけどこのスレ興味深いね。

そういえば小学校の時はよく自覚夢を見てたな…と支援age

523 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:13:47.45 ID:o1ogyQbG
ちょっとオカルト話。

オナニーしたくなって、萌駅へ行った。俺はロリ画像を見ると突然おっきして、しこりはじめた。
次の日もオナニーしたくなって萌駅へ行った。同じようにロリ画像で抜いた(前のことはムラムラするまで忘れてた)。
学校にロリっぽい奴がいるんだが、そこへ通うようになった途端、おっきしてまともに通えなくなった。卒業したら治った。
ロリ相性良すぎ。
オマケで、ロリがいっぱいいると言われる女子高だと、知らなくても突然おっきする。

そして大学に進学して近くの小中学校行った時は、クンナ言われて警察呼ばれたw
俺の母校にもいけなくなったし、どうしたらいいものやら。

524 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:17:04.06 ID:mis2Njra
経験値が減るんじゃね?

525 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:36:23.49 ID:CiVV+KyC
自殺するガキ共はさ、
また人間に、また日本人に、
且つ美形に生まれ変わるつもり
なんだろうけどさ、

甘いよ。

次はカエルだし
その次はカナブンだよ。

526 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:49:50.39 ID:gms1NzsO
残念ほとんどは細胞なります
動物になるには精子になって戦いに勝たなくちゃいけないから無理

527 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:55:38.40 ID:pf6qqQys
>>511
俺神様

528 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:56:03.92 ID:vFFhVf4d
メリークリスマスお前ら

529 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 00:57:41.60 ID:qouO1kkU
レスしたいこといっぱいあるのに、言葉にまとめるのは難しいな…

メリークリスマス

530 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:04:15.54 ID:gms1NzsO
メリークリスマス
正月いないからあけおめ

531 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:13:49.52 ID:RmOmHcOb
聖者の夜になにやってんだろうなぁ俺達と思いつつも

死ねば無になり楽になるというが、それは本当なのだろうか?
ひょっとしたら、死ぬ間際、脳はものすごい加圧によって1秒を何100億年分の体感速度に分割して感じるようになるのでは?
生きるは100年、死ぬのは1瞬というが、脳の体感時間に直せばコレが逆転することも起こり得るのでは?
死ぬ間際、アスファルトのぶつかる痛みを100年分の時間で感じるならばそれは地獄だろう。
満足の人生をゆっくりと追体験しながらの100年は楽しいものだろう。
まぁ、真実がどうであろうと後悔しないようにな。

後、人間が死んだ後も万人が万人同じような死後をたどると考えるのも楽観的だろう。
あるものは魂かそれに順ずるようなものが残り、あるものは霧散する。
そういうことも起こりえる。

532 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:21:18.58 ID:BTpUJu+5
あーん、それはねーよ
痛みで気絶したことある人間なら解る
意識が一瞬で飛ぶ

533 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:38:25.91 ID:KAizGl0u
全身麻酔かけられたことがある奴ならわかる
耐えようとしても一瞬で意識が無になる。
経過してる時間も自我も何もかもが停止してる

534 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:42:55.03 ID:gms1NzsO
>>533
わかる
うんこもらした

535 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:45:24.89 ID:yCXbQ62G
>死ぬ間際、アスファルトのぶつかる痛みを100年分の時間で感じるならばそれは地獄だろう。
>満足の人生をゆっくりと追体験しながらの100年は楽しいものだろう。
>まぁ、真実がどうであろうと後悔しないようにな。

これがもしかしたら今の時代に合った道徳の教え方なのかもって思った

実際に一秒が数十秒にも引き延ばされたかのような錯覚は稀にだが起こるし
地獄だ天国だってヨタ話よりかは素直に聞けるな。少なくても俺は

536 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:45:27.07 ID:o/o29N9w
死後の世界についてはここに詳しく書かれていますよ。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/

537 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 01:46:14.74 ID:RmOmHcOb
本当にそうかな?
俺は柔道でオチた事があるが、少しの時間しかたっていないのにものすごく長く感じた。

後、全身麻酔って原理が良く分かってないらしいな。
どこぞの国で、全身麻酔中も意識と痛みを感じていた患者がいたとかなんとか。

538 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 02:09:02.29 ID:YbeHDvXH
時間が全てのものに共通に流れているとは到底思えない
彼我の時間の感じ方は違い、時計も別に時を司るわけではない
同じように変化していくように作られただけだ
我々は自分の時間をもっていながらそのように作られた
時計の時間に合わせているだけだから一年も一秒も無駄な尺度
死も永遠なら生きている今も永遠。
死はもはや今も昔もないもんだから永遠。間違いない。
生きている今も、終わりを感じることはないし、終わったら終わったで
直ちに死の時間に移行するから生も有限ではない。すなわち永遠。
生きている私にとっては永遠。

死んだらどうなるということもない。わたしはわたし。

539 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 02:17:23.25 ID:xmdjFpYh
死語の世界を体験してみんなにどんな物だったか伝えたい。
だけど、死んだらこっちの世界には戻って来れないんだよね。
難しいな(´・ω・`)

540 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 02:24:57.00 ID:QPoZArVP
心霊写真にモジモジ君みたいな感じで人文字をやれば伝えられるよ

541 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 02:32:34.96 ID:kgOEYJnr
>>533
わかる
気付いたらチンコにカテーテルつっこまれてた
抜く時は可愛い看護婦さんにおもいっきりひっぱられた

542 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 02:33:45.39 ID:xKTjJMNP
驚いた

543 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 03:52:50.07 ID:qSxxAUcT
エッチ死体けど初体験だと遺体らしい

544 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 09:21:28.16 ID:p+rXhUjn
エッチは生死にも精子にも関係するって事かーー!!

545 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 09:42:24.35 ID:C5wa1uyj
>>526
お前さんの自我や精神は、精子に宿ってるのか?

546 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 09:44:11.14 ID:fnvTedf9
>>533
あるあ・・・あるあるあるw

耐え切って意識保ったまま手術に臨んで医者の困惑する顔を拝んでやるぜ!
とか思いつつプッツリ意識が途絶えるよねw
オレなんて麻酔担当の人と挨拶したっきり記憶がねー。

で、気が付いたら体中に管刺して集中治療室にいたよ(´・ω・`)

547 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 12:56:52.14 ID:WM71MgKW
デスノートの最終回みれ

548 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 12:59:55.67 ID:v0v0N+1l
人の身に余る

549 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 13:12:48.21 ID:WAP1Rc8U
とある実験の副産物で、死後の世界をのぞきみた俺がマジレス。

人間は五感を使って森羅万象を捉えている。
つまり、五感で探知できない物は存在しないと言っても過言ではない。
神の声が聞こえた、幽霊を見た、宇宙人と交信した、これらは決して妄想ではない。
俗に言う第六感が働いて「常識」の枠の外にあるものを捉えたに過ぎない。
神も幽霊も宇宙人も確かに存在する。

人間が人間である限り、五感の枠を超えた世界を見ることはできない。
どれだけ高性能な望遠鏡が作られても、結局は「人間の目」で物事を捉えている事に変わりは無いのだから。
死後の世界というのは、
人間が五感から解放され、全く新しい感覚で探知できる世界に過ぎない。
難しく考える事はないよ。「魂」は不滅だし、「人生」が終わっても自身の存在が終わることは無い。

550 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 13:14:54.69 ID:v4eMKTDe
やめろ… これ以上は俺の右腕が……
逃げるんだ… 早く逃げろ…!

551 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 13:16:41.13 ID:WM71MgKW
ミギーの暴走か!

552 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 13:52:40.77 ID:k2f+WXI7
よくわかんないけど、生まれ変わるより幽霊になるほうが簡単そう。
生まれ変わるには脳に保管してある記憶データを全部、例えばだけど
「魂」につめて移さなきゃいけないよね。前世のこと思い出すには。

幽霊は一部、例えばこいつを殺してやるって感情だけでも
もって魂がぬければなれそう。姿現すにはどんな肉体だったかもいるか。
もし幽霊も思い出すってことがあるなら、全部覚えてないとだけど。

そもそも幽霊がいるかどうかもしらないけどね

記憶をどの程度魂にコピーできたかで、来世かえるかミミズか
決まってたらおもしろいな。俺は次は家猫になりたい

553 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 14:07:52.18 ID:yCXbQ62G
やっぱりみんな無はいやなのか

554 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 14:28:25.18 ID:wTxLir9d
死んでも俺は魔族の生まれ代わりだからもうひとつの心臓が動き出すよ

555 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 14:30:16.94 ID:/FGGVf1p


これだけ人の多いネ実のことだ

一度くらい死んだことあるやついるんだろ????

さっさとどんな感じだったか晒しちまいなよ??っうぇえWWっうぇうぇWっうぇ




556 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 15:04:53.03 ID:qouO1kkU
>>553
俺は無になりたいと思った時期あったな

でも今このスレを読んで思ったのは、物理的に言えば人が死んで灰や二酸化炭素?になったりする。
それは形が変わるだけで何も変わってない。
減るわけでもなくて増えるわけでもなく・・・
人口が増えてるっていうのも、ただ物質が変わってるだけなのかなって思った。

思い出とか無にできたら、それはいいな。
存在は見えなくなったらその記憶も消えてしまえば楽なのだろうか

話がずれったぽい・・ごめん

557 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 15:16:43.61 ID:Ku1c/xE+
仏が観えたよ。

558 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 18:04:35.61 ID:tQoOVuaW
思うに、人間にも天敵が必要だったんだよ。
化学文明で駆逐しちゃったけど。。。

毎日生きるか死ぬかの生活をしていたら、死んだら
どうなるとか考えなくてもすんだのに。
神様にたよっちゃうおバカさんも生まれなかったのに。

動物にもし自我があったとして、神様なんて信じていると思うか?
あれほどの過酷な生存競争を課されたら、それこそ

動物達<神なんかいねぇ

って思うに違いない。


559 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 20:45:07.02 ID:p+rXhUjn
この頭脳がここまで地球を制覇するとは神様も思っていなかったのか?w

異常な性欲。オスとメスがいればまず先にやることはセックス。
これが人間。

異常な頭脳で物を作り言葉も作った。

この2つのおかげでここまできたんじゃない。

560 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 22:13:48.27 ID:2P0+CJ/a
HPに戻る

561 :既にその名前は使われています:2006/12/24(日) 22:42:16.60 ID:3R4tZtBx
>>558
その考えで行けば
死への恐怖や神様に頼ってしまう心が天敵になったんじゃないのかね。

562 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 00:48:51.51 ID:yPSOP2Ei
この宇宙が巨大な巨人の毛穴の一つにすぎなかった
死んで初めてわかった

563 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:02:40.66 ID:0K4yg8hd
巨大な巨人て

564 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:32:32.82 ID:Z84bX+Bn
まあ、人間の死亡率は100%だからな。
みんな死ぬんだ。確実に。
死んでどうなるかを考えるのは死んでからで良い。
生きてるうちはどう生きるかを考えるのが理にかなうと思わないかね?

565 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:35:32.66 ID:AAI754ZY
死んだら夢を見ない睡眠

意識も無いから悩む必要も無い

566 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:40:35.97 ID:6j6bEduH
死んだら人間は魂が肉体から分離、空間的移動をするのではなく、
時間的移動を行う。すなわち、天国・地獄などの概念ではなく
無の空間において12月32日という時間をすごす。(これは、12月31日でも1月1日でもない。)
この1日が終わると今度は1月32日、2月27日という風に永遠にループする。
その間(以下略、続きを読みたい方は名前欄にわしゃわみどうと書き込んでください。)

って話を哲学で習った。頭がおかしくなりそうだった。

567 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:41:43.86 ID:rnYYV2Cc
>>559
人間の体にも時に予期しない優れた細胞が生まれて身を滅ぼすだろう?

568 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:46:42.55 ID:/W7tm6Kj
人類の天敵
@病気(癌、エイズ等)
A人類(争う、殺しあう)
結構あるような気がする。

569 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 01:55:04.73 ID:PDkDSSfe
俺、死んだら土に返って分解されて肥料になってピーマンになる
そして誰かのトラウマになって生きるよ

570 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 04:02:36.26 ID:9mmzDSng
どうせ死ぬなら童貞捨ててから死にたい
もちろん相手はカワイイ処女

・・・・ん?なんか文句あんの?

571 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 04:31:46.11 ID:4aXJPxkz
処女はやめとけ
いや、マジで

572 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 04:46:01.76 ID:6FiH/Wo+
>>565
死は睡眠ではなく、死だ。

「意識」なんてものは所詮脳内の化学物質と電気信号の集合体。
死ねば化学物質の分泌も、電気信号も止まる。
そして腐るなり、焼かれるなり、食われるなりして
地球に吸収されていくのだ。

その地球が生命を育むのだから、輪廻転生はあながち間違ってはいないかもな。

573 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 05:47:19.50 ID:ztTMe9k4
意識とは常に生成されながら消去されているので
一瞬前の自分の意識と今の自分の意識は完全な別モノ
常時死にながら生まれている

574 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 07:38:27.90 ID:dOFmE5Jx
なにこのスレw
ばか?

575 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 10:47:12.84 ID:PNumGqsS
人間< 我思う 故に我有り (コギト・エルゴ・スム)
動物< 我思わざる されど我有り (コギト・エルゴ・スマナイ)
幽霊< 我思う されど我無し (ウラミハラサ・デ・オクベキカ)

576 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 16:29:47.68 ID:XSIHfaG4
支援あげ

577 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 17:28:40.21 ID:yTTPW9Z7
死ねばわかる

578 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 17:35:13.12 ID:JbcJILW3
パソコンの電源を落とすように…
ぷちっ…と、
キエテイクダケサ…

579 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 18:54:18.99 ID:UxcJyHtE
オマイラ!落ち着いて「丹波でルンバ」を唄ってみるんだ!!

580 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 19:48:40.63 ID:pbuDEfwf
自分の記憶はなくなって自分の死=世界の崩壊になるんだが

だが、他人に自分がいたといういうのを残せる。

581 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 19:53:42.59 ID:PFEjEvRD
他人の記憶や生きた事実は残るって皆言うけど
記憶した人も死ぬし、事実だって、いつかどんな記録からも消えてしまう

終わってしまったあとは無意味でいいんだと思う

582 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 19:58:00.59 ID:rXmyjzNc
意味も価値も自分にとっての物であれば十分、
絶対の真理も価値も美も、自分に届かなければ意味はない

その意味で死んだあとの名声や記憶なんてナンセンス

終わってしまったあとは他人にとっては無意味
でも
何人かの大切なことが自分を知っていたこと
大切な人がいた自分
自分が自分であること
これは永遠に自分だけのものだし
変わらない幸せだと
思わないか みんな。

583 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 20:03:07.14 ID:PSEarrRq
死ぬかも知れない事故とかに遭遇したら風景がスローで見えるらしいね
あながち>>531の意見も馬鹿にできん

584 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 20:06:41.06 ID:XYzyIJ3t
死んだらどうなる、とか・・・アナタの身内に死んだ人はおらんのかと

585 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 20:07:47.65 ID:31wysrqI
ホームポイントに帰るよ

586 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 20:10:21.12 ID:JpLRyE6f
>>1
死んだらレイズ待ちに決まってんだろ?ばかかwwwwwww

587 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 21:04:20.02 ID:VT/7VZ0U
>>1はスレタイを

 「死んだらどうなるの?死ぬの?」

とすべきだったのは確定的明らか

588 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 21:15:30.97 ID:pbuDEfwf
死んだら無。

たしかに他の人の記憶や物で自分が存在していた証?みたいなものは残せるが意味があるのかないのか?

自分の子供を残す事に意味があるのか?それともないのか
自分の遺伝子を受け継ぐとはいえ赤の他人・・

しかし本能は自分の残そうとする。


ここで矛盾が発生するのだ

589 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:05:49.81 ID:kea816Ft
遺伝子では自分の記憶は全く残せない
だが、他人を教育、自分に模倣させることで
限定的ではあるが自分の一部を広く浅く残す
ことが出きる。

古来から教育とは人を作ることだと言われてきたがな

590 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:20:03.57 ID:sCnPWHB0
>>572
その説だと、死体の脳に電気信号流してそっくりに再現すれば、生き返ったことになるな。

心臓は動かせる。呼吸もさせられる。筋肉も動かせる領域に来てる。
加えて脳の電気信号をCOM仕掛けで再現すれば、元通り復活。

・・・って言うか?

591 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:30:44.24 ID:kea816Ft
>>590
今まで幾度も議論されてきたが一人の人格としての個人は
一般的に死んでしまえばもう二度と再現されることは無い。

人口の器官や医療装置を使っても他の要素では代替出来ない
微妙な要素があり、生前の個人とイコールになることは決してない。

なぜなら、代替品などを「使っている」という事実からして生前の個人
とは異なっているからだ

592 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:32:15.72 ID:q1P7ysHR
>>590
っつーか、自分の意思で反応できないから生き返ったとは言えないような。

593 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:34:59.87 ID:HOb6+ZkR
それ以前にお前ら、なにが自分だと見分けるものかってのをまず
決めないと自分かどうかも判断できんだろ。

俺は記憶と遺伝子がすべてだとおもうぞ。事故で足なくしても自分は自分だし。

594 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:37:32.38 ID:kea816Ft
>>593
自己で足を無くす前の自分と足をなくした自分ではイコールならないだろ
性格にも普通に影響が出るぞ

595 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 22:58:48.87 ID:BCwJSy7W
足が無くなったら、それは足の無い自分。

残った足は焼かれる?
地に帰る。さよなら、

596 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 23:15:28.11 ID:BCwJSy7W
そうだね、死後の想像するなら

俺が死んで死体が焼かれる。灰と骨は墓に行くのだろうか。
空気と結びついた何かは風に乗って上へ昇って雲と結びつく。
やがて雨となり地上に落ちていき土に吸収され、それを食べたミミズの一部になった

ある日、スコップが刺さって胴体がブチッ
死んだミミズは腐り土に返って・・・未来には他の人間の一部になるのかもしれない

597 :既にその名前は使われています:2006/12/25(月) 23:22:12.02 ID:6tttdMB9
全く苦しまずに死ねる薬作ったら売れそうだよな

598 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 00:49:47.65 ID:yIM4+u6J
>>591
言ってることは分かる。

俺が言いたかったのは、電気信号の集合で済ませられるような、単純な話じゃないってことだけ。
ホントにただの電気信号なら、電気信号を流すだけで意識が発生することになる。

同じことは、生と死にも言えると思う。
直前まで生きていたはずの死体は、組成はまったく変わらない。
なのに、もう動かない。二度と生きない。
機械なら、組み立てて通電すれば動くのに。

色々考えるとやっぱり、生と死を分けてる「何か」があると思う。

599 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 01:48:05.79 ID:+0v5KORt
>598
電気信号を流すことで本当に元の機能が再現出来るなら「生き返った」って言っても良いだろ。

600 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 02:33:33.00 ID:OHWKoYoB
>>599
それがAI技術なんだがな
いまはまだつたないが要するにあれば進化すれば
電気を供給し続ける限り自立的に考え続けることができるわけ
ただ生前の記憶・人格のままの個人を生き返らすことは
人間の脳を作るよりも何千倍も難しいわけ

たとえ記憶などを完全に移植する技術があっても
人の曖昧な記憶力なども再現できてないといけないわけで
そういうところがつまるところ機械には難しいんだよな
デジタルじゃなくてアナグロな

601 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 02:35:31.14 ID:HHbceFQb
スレ読まずにカキコ


死んだらどうなるって?
救助待ちだよ!はやく助けてくれ
風来のシレンスレにて待つ

602 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 02:36:35.39 ID:OHWKoYoB
>>601
アスカだろ?

603 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 02:37:06.71 ID:HHbceFQb
マジレスすっと今の自分はさっきとは違う自分

604 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 03:12:35.36 ID:k140y0JA
しんでみればわかるよ

605 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 03:34:43.93 ID:+0v5KORt
>600
この手の話でよくデジタルアナログ出してデジタルじゃアナログは再現できないのなんの言う奴いるが、人間の脳はデジタルだぜ

606 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 04:06:37.84 ID:/Os2iY+M
>>605
紛らわしい書き方するな。誤解する人間がいる。
現代のデジタル技術は0と1の2進数だが、人間の脳は0と1とその間の3進数だ。
よって定義の仕方では「デジタルでもアナログでもない」とも「デジタルでもアナログでもある」とも言える。

>>600
AI技術は専門外だが、あの研究はかなり手詰まりっぽくなっていると記憶している
人間を再現するに関して、もっとも大きな障害は「創造性」を持って「間違える」ことだと思う。
そう、俗に言う「その考えありえねー」だ。
現代のプログラミング技術は、どうあがいても用意された回答以外を返す事も、間違える事も無理だと思う。
この研究について、量子コンピューターの登場に希望を持っている人もいるが、俺は期待していない。
扱えるデータは爆発的に増えるがコンピューターの仕組み自体が変わんねーからな。

607 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 09:50:46.21 ID:PQyCI2uT
おっぱい

608 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 09:59:48.64 ID:lI4t9XEf
>>607
おっぱい=いっぱい

609 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 10:37:00.98 ID:LXme3AYP
死んだらどうなるって問いがそもそもおかしい。
「生きていたら(自分の人生は)どうなる?」
ならおかしくない。死んだらどうにもならない。

お前や俺が生まれる前は、どうにもなっていなかった。
何も無かった。
誰もいなかったんだよ。
時間が停止していたようなもの。

でも、そこにお前や俺が偶然生まれた。
そしてこの世界を認識し、
そして時間が動き出した。
そこからどうなるか、どうなっていくか、どういうふうに終わるのか、それが俺達の始まりと終わりだろ。

お前の残り時間は、あと何年何日何時間だ?

610 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 10:38:19.34 ID:lI4t9XEf


611 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 10:38:30.50 ID:lI4t9XEf
ダダ

612 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 10:38:49.42 ID:lI4t9XEf
大霊界!!


613 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 10:39:38.55 ID:bPwu6+lS
アラヤシキ

あとはわかるな?

614 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 11:00:31.11 ID:bPwu6+lS
無知な君らには、むずかしいかったようだなw

615 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 11:16:41.34 ID:OHWKoYoB
>>606
それがつまるところのバグなんだがな

616 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 11:25:00.76 ID:pAKjlnrJ
>>606
しったか乙w

人間の精神がいかに神秘的だとしても、
結局その脳は原子分子で構成されてるデジタルの集合体なんだよ。
にんげんののうは3しんすうってw電波もいいところだな。
2進数と3進数は所詮数え方が違うだけ。
3進数で表せて2進数で表せないものなんて存在しないわけだが。

君の目が「見てる」世界は一見連続してるように感じられるかもしれないが
人間の脳も電気信号で動いてるためカメラと同じで「フレーム/秒」は存在してる。
そして、それを連続と認識してるに過ぎない。
蝿(はえ)なんかは人間よりも目というカメラの「フレーム/秒」が優れてると言われる。

アナログなんてものは厳密には存在しないんだよ。
結局細かく割っていったらデジタルの集合体なんだから。

617 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 11:26:33.90 ID:LXme3AYP
流れよんでないし内容も良く読んでないが

>3進数で表せて2進数で表せないものなんて存在しないわけだが。

ここは数学的常識であることは同意

618 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 13:19:24.67 ID:+0v5KORt
厳密には無理数の範囲が違ってこなかったっけ?>2進と3進

619 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:02:17.78 ID:rXYTA3hp
>>615
バグって製作者の想定外の反応ってだけで論理的には整合性とれるぞ。
つまり間違ってるのは作った人間の考え方で、コンピューターは決して間違わない。

620 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:11:52.66 ID:OHWKoYoB
>>619
乱数をいれることでバグも偶発的に作れるわけだが?


621 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:29:07.02 ID:LXme3AYP
よくわからんがコンピュータが間違った回答をしないってのは
正しいんじゃないの?
電気的な故障を除いて、コンピュータが人間みたいな間違いを
おかすのはありえないと思うけどなぁ。
乱数を使って意図的に想定外の判断をさせるってのはまた別の話で。


622 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:30:32.82 ID:rXYTA3hp
>>620
悪夢の様なソースだなw

623 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:32:48.98 ID:lNPDfY+T
お前らちゃんとセーブしとかないから死んだ時に困るんだよ

624 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:33:10.66 ID:OHWKoYoB
>>621
人間もつまるところ乱数による偶発的なバグを起こしてるだけかもしれんだろ?
またはウィルスを仕込んで記憶もずっと保存されないようにとかもできるわけだ
脳の内部なんか誰もわからない
ただ人間と同じように考え間違えることが出来てたらそれは再現できてるっていえるんじゃね?

625 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:34:26.99 ID:pAKjlnrJ
>>622
完璧に人間を再現しようとしたらそうなるだろうよ。
乱数(ランダム)でっていうのは間違ってるけど、
間違いを犯す思考回路を組むことにはなるわな。

626 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:40:34.47 ID:em9sH39M
>>616
粒子レベルじゃ二進数で現せないものなんて珍しくないわけだが。

627 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:43:56.54 ID:rXYTA3hp
>>625
だな。
しかし、ということは人間は元来間違うようにできていたと言う事か?
生存競争に生き残る為の多様性として、間違いが必要だったとしたら俺達は悲しい存在だな。

628 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:45:26.77 ID:OHWKoYoB
>>627
何言ってるのw
そもそも間違わない生き物なんていないだろw
そうやって妄想の感傷に浸れるのも再現できないといけないんだよなぁ
ほんま難しいわw

629 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:49:45.51 ID:rXYTA3hp
>>628
ほんとメンドウだよなw
『魂』とかあればどんなに楽かw
あ、そうか、だから皆面倒な魂、魂言うんだww
うはww大人キタナスwwww

630 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:51:23.89 ID:OHWKoYoB
>>629
何に面倒なんだw
そもそもそんなこと考えるメリットあまりないだろ
魂というのは高尚な精神を昇華させて言ってるまでだろ

631 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:52:07.53 ID:pAKjlnrJ
>>705
まさにプギャーなんだが。
距離補正とかまったく考えてない
銃イッタクのメリポ脳は狩人でも居場所はないねぇ。

632 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:52:52.02 ID:OHWKoYoB
>>631
まずおちつけw

633 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:55:21.51 ID:em9sH39M
ついでに言うが量子コンピューターは別に三進法ってわけじゃないから。

0と 0=1 と 1 を用いて計算するわけであって。

0,1,2ではない。


634 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:55:54.79 ID:rXYTA3hp
>>631
まさにプギャーだなw

635 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:56:37.81 ID:pAKjlnrJ
ミスを再現したのさ。

636 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:57:25.72 ID:OHWKoYoB
そんなことより今は2進法より計算速度上げるために
10進法で処理をこなす演算処理マスィーンを開発してるって知ってる?
計算速度が10倍になるんじゃねよ?10乗だ!

637 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:58:03.20 ID:OHWKoYoB
>>635
つよがりの再現だな
なるほど

638 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 14:58:14.77 ID:pAKjlnrJ
>>626
2進数で表せないなら10進数でもあらわせないわけね。
もう揚げ足取りはコリブリです。

639 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:01:25.89 ID:em9sH39M
>>638
50年前の考えと今の科学は違うからなw
君の考えはノイマンの時代の考えかただ。

デジタルで表現できるなら光の性質が同時に粒子と波
の性質を持つことはどう説明するんだ?

人間の持つ時間の概念をいとも簡単に無視するかのような
現象が粒子力学では普通に起こりうるわけで。

640 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:04:23.27 ID:OHWKoYoB
この世の何を生み出すのが不可能かというと
それは人間でも宇宙でもなく時間だ
                  クリスト=チャンベラー

641 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:05:58.93 ID:pAKjlnrJ
>>639
もしかして、2進数では三角関数が使えないと思っちゃってるの?
結局「人間の脳内と同様の」表現をするのならデジタルで完全再現できるわけだが。
理解もしてないのに「粒子力学」とか語るのはかっこ悪いよ。
量子力学のことか?

642 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:06:41.80 ID:OHWKoYoB
漁師力学

643 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:15:59.47 ID:em9sH39M
>>641
因数分解を瞬時にこなすようなサヴァンみたいな脳を
作ることは不可能。


644 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:23:44.87 ID:kUAz8rfu
みんな難しい事語りすぎだべ。ここの住人はタル♀らめぇ!とかブロントとか言ってりゃいーんだよ。

645 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 15:32:30.70 ID:LXme3AYP
死んじゃらめぇ(><;
バグっちゃらめぇ(><;

646 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 16:28:47.83 ID:+0v5KORt
現在の技術で不可能なのと原理的に不可能なのをごっちゃにしている馬鹿だらけで困る

647 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 18:32:25.15 ID:laEG++P2
>>1
今直ぐ8チャン観れ

648 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 18:34:09.85 ID:OHWKoYoB
奇跡なんかもデジタルなわけで

649 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 18:34:50.16 ID:Cb6Ilj1o
テラスピリチュアルwwwwwwwwww

650 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 18:44:38.63 ID:+0v5KORt
本人が骨折するほど衝撃吸収した自転車には傷が無かっただけだろw

651 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 18:47:45.99 ID:+0v5KORt
って、心霊系番組かよwww

652 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 20:10:19.67 ID:qUmgkrvS
俺は心霊関係に関しては否定的なんだけど
遺族の心が救われるならオカルトでも詐欺でも別に良いのかなって思う時がある
オカルトでも良いって人がいる限り、こういう商売が成り立つのは仕方がないよなぁ

653 :既にその名前は使われています:2006/12/26(火) 21:57:34.21 ID:wBnHBW/Z
【】

654 :既にその名前は使われています:2006/12/27(水) 01:29:33.77 ID:C0GnAc4i
良スレage

655 :既にその名前は使われています:2006/12/27(水) 01:30:30.58 ID:Iw/ICoTo




http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1166267799/238



    殺人予告

656 :既にその名前は使われています:2006/12/27(水) 02:10:24.92 ID:eP2z/V4F
ヒント:GANTZ

657 :既にその名前は使われています:2006/12/27(水) 02:56:20.45 ID:V4e1zK6J
黒い玉のある部屋に転送されるのね

658 :既にその名前は使われています:2006/12/27(水) 13:18:13.15 ID:XTdDgLJW
あげ

177 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)