5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジタで素材狩りしてたら、エル♀に犯された・・・

1 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:42:14.22 ID:eY6iN3m3
グーぶーをまたーりやってたら、遠くにいたリュウキシらしいエル♀が、
ジャンプで襲ってきたふときづくと、エル♀に犯されていた・・・・

2 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:42:49.00 ID:iuDI42sQ
それは怖い

3 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:42:54.07 ID:CxM/8AM+
>>1
きもい

4 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:45:06.81 ID:Ul3L5VZ4 ?2BP(0)
>>1が数年後FFエロ小説作家デビューし印税生活を送るなどと
この時誰が予想しただろうか。

5 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:46:58.96 ID:s2LL7NP4
>>4
あるある

6 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:47:26.88 ID:a4VzZM5B
ああああああああああああああああんんんんんN!!!!!!!!!!!
だめぇ!!!!!!もう入らないよぉ!!!!!!!!埼京線もう入らないよぉ!!!!!!!!

7 :既にその名前は使われています:2006/12/28(木) 22:58:49.90 ID:diVMeQVt
「ほら・・・こうして欲しかったんでしょ?」

そう言って彼女は俺を強引に押し倒して仰向けにさせ、ショーツを脱ぎ捨て俺の顔に自らの巨尻を押し付けてきた。
俺の目の前に彼女の豊満な尻が徐々に迫ってきて、やがて俺の全ての視界を覆う。
見えるものは彼女の褐色の柔らかな尻肉のみ。暖かく柔らかいそれの割れ目に俺の顔はすっぽりと埋まっていた。
そして俺の唇には、彼女の美しく窄まったアナルという名の蕾が重なっていた。

「ねぇ、キス・・・して」

言われるまでも無く俺は自分の舌で唇を濡らすと、彼女のその蕾に唇を重ねる。
「ちゅっ」という音を立て俺の唇と彼女の蕾が繋がった。
しばらくして唇を離し、また自分の舌で唾液を唇に塗し再び彼女のアナルにキスをする。
それを何度も何度も繰り返した。

8 :既にその名前は使われています:2006/12/29(金) 00:03:17.47 ID:M76EpVhu
臭いから、いやマジで

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)